このページの先頭です

苦情事例集 さつまいもの変色

最終更新日 2019年3月4日

1.概要

さつまいもを切ったところ、切り口の数箇所が白くなっていました。

変色したさつまいもの写真
変色したさつまいも

正常のさつまいもの電子顕微鏡写真の画像
正常品の電子顕微鏡写真

変色したさつまいもの電子顕微鏡写真の画像
苦情品の電子顕微鏡写真


2.検査結果

  • 外観:断面に2×3~5×7mm大の不定形の白色部分を認めました。
  • 鏡検:白色部分は多孔質で組織が壊れた状態であり、正常な組織と異なりデンプン粒が抜けた細胞壁がみられました。
  • ヨウ素デンプン反応:白色部分は紫色に染色しませんでした。

3.結論

サツマイモの組織が壊れ、すの入った状態のものと推定されました。

4.参考

サツマイモの保存には、13~15℃と湿度85%の条件が必要で、収穫前に霜にあてないこと、保存中に窒息させないように通風に注意が必要です。

2007年3月8日掲載

このページへのお問合せ

健康福祉局衛生研究所理化学検査研究課

電話:045-370-9451

電話:045-370-9451

ファクス:045-370-8462

メールアドレス:kf-eiken@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:393-827-231

先頭に戻る