このページの先頭です

ヘルプマークについてのお知らせ

最終更新日 2019年12月4日

ヘルプマークってなあに?

義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、またはにんしん初期の方など、外見からは分からないが「えん助」や「配りょ」を必要としている方々が、周囲の方に「配りょ」を必要としていることを知らせることで「えん助」を得やすくなるよう作成したマークです。

ヘルプマーク画像
ヘルプマーク

ヘルプマークの赤は支えんを必要としていること、ハートは相手にヘルプする気持ちを持っていただく、

という意味をふくんでいます。

ヘルプマークを知っていますか(神奈川県ホームページ)(外部サイト)
助け合いのしるし ヘルプマーク(東京都福祉保健局)(外部サイト)

対象者

下記等の対象者からの申出により配布しています。(横浜市内に在住)

  • 義足や人工関節を使用している方
  • 内部障害や難病の方
  • にんしん初期の方など
  • えん助や配りょを必要としている方等

ヘルプマークを身につけている方を見かけたら

電車・バスの中で席をおゆずりください。

外見では健康に見えても、つかれやすかったり、つり皮につかまり続けるなどの同じ姿勢を保つことが困難な方がいます。

また、外見から分からないため、優先席に座っていると不しんな目で見られ、ストレスを受けることがあります。

優先席以外でも席をゆずるなどの配りょをお願いします。

駅や商業し設で、声をかけるなどの配りょをお願いします。

交通機関等の事故等、とっ発的な出来事に対して臨機応変に対応することが困難な方や、

立ち上がる、歩く、階段のしょう降などの動作が困難な方がいます。

困っている方を見かけたら、優しく声をかけるなどの配りょをお願いします。

災害時は、安全にひなんするための支援をお願いします。

視覚やちょう覚に障害があり、状きょうはあくが難しい方、体に障害があり自力でのじん速なひなんが困難な方など、配慮が必要な方がいます。

自分の身を守るのも大切ですが、困っている人を見かけたら、声かけやえん助をお願いします。

ヘルプマークの配布について

横浜市内配布場所

  • 各区福祉保健センター 高齢・障害支援課

【注意】配布は平日8時45分から17時まで(年末年始を除く)。土曜開庁日の配布は行っておりません。

  • 健康福祉局障害企画課 企画調整係
  • 横浜市総合リハビリテーションセンター

【注意】配布は平日8時45分から17時15分まで(年末年始を除く)。

神奈川県内配布場所

注意事項

  • 数に限りがありますので、お一人様おひとつのおわたしとなります。
  • 窓口によっては配布をお待ちいただくことがあります。
  • ヘルプマークのしゅしに沿った、適切な利用をお願いします。

ヘルプマークの出前講座を行いました。

2019年10月17日(木曜日)にヘルプマークを題材とした出前講座を行いました。

講座の様子は下記リンク先からご覧ください。

ヘルプマークの出前講座を行いました!

このページへのお問合せ

健康福祉局障害企画課 企画調整係

電話:045-671-3604

電話:045-671-3604

ファクス:045-671-3566

メールアドレス:kf-syokikaku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:630-648-671

先頭に戻る