このページの先頭です

金沢消防署からのお知らせ・イベント情報

最終更新日 2021年4月14日

情報一覧

オススメ情報

最新情報

火災・救急状況をお知らせします。

火災・救急状況の画像(令和3年3月31日現在)

金沢消防署・金沢消防団による一斉放水の動画を撮影しました。

金沢消防署では、例年、消防出初式の機会をとらえて救助訓練や一斉放水などをご披露しておりましたが、
感染症拡大防止のため、訓練風景を動画で上映をすることとなり、事前に一斉放水の動画を金沢山称名寺で撮影しました。

主催:令和3年金沢区消防出初式実行委員会(事務局:横浜市消防局金沢消防署)
協賛:金沢火災予防協会・横浜市民共済協同組合

「市民防災の日」金沢かわら版

金沢消防署が地域や事業所と連携した防災訓練等を紹介しています。
※「市民防災の日」金沢区推進委員会とは、金沢区長が委員長、区内の官公署、事業所、防災関係団体等各種団体及び自治会・町内会の代表者が委員を務める組織です。

金沢消防署だより

出火防止等の火災予防に関する事項について、タイムリーな情報を皆様にお伝します。
金沢区役所が発行している「広報よこはま金沢区版」にも掲載しています。
※令和元年6月に、「火の用心通信」という名称から変更されました。

金沢消防署だより4月号
金沢消防署だより4月号記事

イベント

防火ポスター展(2020防火ポスター募集)において、区内の小学生から44作品の応募がありました。
応募作品の中から、横浜市立金沢高等学校美術部M・A・I(マンガ・アニメ・イラスト)のみなさんに選考していただいた結果、
6作品が選ばれました。ぜひご覧ください。

消防訓練について

金沢区内で消防訓練を実施をする場合のながれをお知らせします。

消防職員が立ち会う消防訓練実施のながれ

金沢区内で行われる消防訓練において、消防職員による訓練指導や立会いを希望される場合のながれを掲載します。
※消防訓練での消防職員立会いは必須ではありません。
消防法施行規則第3条(外部サイト)に基づき、金沢区内で消火訓練等を自主的に実施する場合は「消防職員が立ち会わない、自主的な消防訓練のながれ」をご覧ください。

1、相談(電話・窓口)

相談では次のような内容をお聞きします。

  • 訓練実施日時(希望日時)
  • 訓練実施場所
  • 訓練希望内容
  • おおよその参加人数
  • 普通車、消防車両の駐車場所有無など

金沢消防署では、区内を7つの署所(1消防署、6消防出張所)で受け持っています。
はじめに、訓練実施場所の受持区域の署所へご相談ください。

2、事前打ち合わせ

電話相談の内容により、事前打ち合わせをお願いする場合があります。

3、計画書提出

相談及び事前打ち合わせの結果、訓練実施計画書を担当の部署に提出いただきます。(提出方法:ファクス又は窓口直接)
原則、訓練実施日の14日前までに提出をお願いします。
計画書には「事業所、学校用」と「自治会・町内会、共同住宅用」の2種類あります。

4、消防訓練実施

消防職員が訓練会場に伺い、立ち会います。

必ずお読みください。

訓練当日、災害発生等に伴い、消防職員の立会いが中止または一部縮小する場合がありますので予めご了承ください。
立会いができない場合は担当者に事前連絡を行いますが、災害対応を優先し、訓練会場へ行けない旨の連絡ができない場合がありますので予めご了承ください。

訓練立会いが中止または一部縮小する事例
  • 横浜市に台風が接近し、市内の災害対応準備が必要となった場合。
  • 訓練中、災害出場指令がかかった場合。
  • 訓練会場へ向かう途中、災害出場指令がかかった場合。

消防職員が立ち会わない、自主的な消防訓練のながれ


消防法施行規則第3条(外部サイト)に基づき、金沢区内で消火訓練等を自主的に実施する場合のながれを掲載します。

1、訓練実施予定の連絡

訓練実施の前に管轄の署所に実施予定の連絡をしていただきます。
連絡方法は「電話などによる口頭連絡」と「実施計画書の提出」の2通りあります。
金沢消防署では、区内を7つの署所(1消防署、6消防出張所)で受け持っています。
訓練実施場所の受持区域の署所へご報告ください。

電話などによる口頭連絡

次のような内容をお聞きします。

  • 訓練実施予定日時
  • 訓練実施場所(住所がある場合は住所)
  • 訓練内容
  • 参加予定人数と内訳
  • 複数の店舗等が入っている建物の場合、建物全体の訓練かテナントごとの訓練かどうか。
実施計画書の提出

訓練実施計画書に必要事項を記入いただき、受持区域の署所に提出いただきます。
(提出方法:ファクス又は窓口直接)

2、消防訓練実施

安全に訓練を実施してください。
訓練実施結果の報告は不要です。
訓練実施予定の連絡を忘れてしまった場合は速やかに連絡をしてください。

必ずお読みください。
  • 通報訓練を実施する場合、実際の119番への通報は行わないでください。
  • 訓練で道路を使用する場合、神奈川県警察に「道路使用許可」の申請が必要な場合があります。

その他

救急情報提供用紙

病気やケガで救急車を呼ぶか迷った場合の対応や、救急車を要請した時に、スムーズな医療機関搬送に繋げられるよう、救急情報提供用紙を作成しました。
おもて面には、事前に記入しておくべき項目を、うら面には、救急車を要請した時、救急車が到着するまでに準備しておいて欲しい事などをわかりやすく示しました。
用紙を印刷しておもて面を記入し、事前に準備しておきましょう。

横浜市民防災センターのご紹介

横浜市民防災センターは、横浜駅周辺の都市災害対応、市民への防災知識の普及啓発、備蓄物資・資機材の保管を主な目的として昭和58年に開設し、平成28年4月にリニューアルされました。
インストラクターの解説付きで、地震や煙の体験ができる「体験ツアー」をはじめ、分かりやすく・楽しく防災・減災について学ぶことができます。

横浜市民防災センター情報
所在地 横浜市神奈川区沢渡4-7
開館時間 午前9時15分から午後5時まで
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
利用料 無料
電話番号 045-411-0119
WEBページ http://bo-sai.city.yokohama.lg.jp/(外部サイト)
その他

個人利用の駐車場はありません。
最新の情報及び詳細は、横浜市民防災センターにお問い合わせください。


横浜市民防災センター案内マップ

金沢区民にオススメ

京浜急行横浜駅改札から横浜市民防災センターへの案内マップを製作しました。

横浜市民防災センターイメージ画像
横浜市民防災センター「体験ツアー」の様子

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

消防局金沢消防署総務・予防課

電話:045-781-0119

電話:045-781-0119

ファクス:045-781-0119

メールアドレス:sy-kanazawa-sy@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:991-948-410

先頭に戻る