このページの先頭です

健康アクションこうなん5(ファイブ)とは

最終更新日 2020年3月27日

区民の皆さんの健康づくりに取り組む港南区では、健康づくりを推進するためのあいことばを作りました。

健康アクションこうなん5 とは?

年齢や性別を問わず、誰もが実践できる行動目標です。一人ひとりが意識を持って、できることから始めましょう!

あるこう!毎日

ご近所さんと あいさつ交わし 地域とつながり 介護予防

たべよう!野菜

野菜たくさん 塩分ひかえめ だしの旨味をたっぷりと

  • 野菜は、一日に350g以上食べることを心がけましょう。野菜を使ったレシピは、クックパッド横浜市公式キッチン(外部サイト)で探してみましょう。
  • 350gとは、生野菜にすると両手にのせて5杯分、加熱した野菜だと片手にのせて5杯分が目安です。
  • 食事はかつおや昆布でしっかりだしをとり、旨味をきかせることで塩分ひかえめでも美味しく食べられます。

★★平成29年6月に、障害者施設とコラボして野菜たっぷりパンを販売しました。平成30年6月は、野菜たっぷり弁当も仲間入り。
そして、令和元年の6月も、野菜たっぷりパン&弁当を販売しました!★★
野菜たっぷりパン&弁当 ちらし(PDF:722KB)

まもろう!歯

口から美味しく食べるため 定期的に歯のチェック

  • 毎日の歯みがきに加え、デンタルフロスなどを使ったセルフケアを行いましょう。
  • 定期的に歯の検診を受けることも大切です。
  • 検診日時点で40歳、50歳、60歳、70歳の人は、歯周疾患検診を受けることができます。

歯周疾患検診に関することは、健康福祉局のホームページ(内部サイト)をご覧ください。

なくそう!たばこの煙

一人ひとりが意識を高め たばこの害のない港南へ

  • たばこの煙は喫煙している人だけでなく、周りの人の健康にも害をもたらします。
  • たばこをやめたいと思っている人は、禁煙NOTE(内部サイト)で情報を確認し、禁煙に取り組みましょう。

やすもう!しっかり

睡眠と 気分転換で 明日の元気の源に

  • 健康を維持するために、十分な時間と質の高い睡眠は欠かせません。
  • 朝起きたらカーテンを開けて太陽の光を浴び、体内時計のスイッチを入れましょう。
  • 寝る前のパソコンやスマートフォンの使用は、神経が高まり寝つきが悪くなる原因になりますのでやめましょう。

そして受けよう!がん検診と健康診断

けんしん は、あなたに贈られる「からだ通信簿」

  • がん検診を定期的に受け、早期発見できれば、治療の負担も、その後の生活への影響も少なくなります。
  • 横浜市民が受けられるがん検診については、健康福祉局ホームページ(内部サイト)をご覧ください。
  • 特定健診に関することは、ご自身の加入している健康保険(保険者)へお尋ねください。横浜市国民健康保険に加入している人は、健康福祉局ホームページ(内部サイト)をご覧ください。
  • 神奈川県後期高齢者医療制度被保険者証をお持ちの人や40歳以上の生活保護受給世帯の人は、横浜市健康診査を受けることができます。
  • 横浜市健康診査に関することは、健康福祉局ホームページ(内部サイト)をご覧ください。

いつまでもいきいきと元気に暮らせるように・・・できることから始めよう!

健康アクションこうなん5(PDF:426KB)


ちらし(PDF:426KB)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

港南区福祉保健課健康づくり係

電話:045-847-8438

電話:045-847-8438

ファクス:045-846-5981

前のページに戻る

ページID:243-628-508

先頭に戻る