このページの先頭です

大黒ふ頭P3・P4岸壁及び荷さばき地の再整備が完了し、P3岸壁として、4月15日から供用を開始します

最終更新日 2022年4月12日

記者発表資料

令和4年4月12日

港湾局物流企画課

氏家 治

電話番号:045-671-2714

ファクス:045-550-3928

 横浜港の主要輸出品目は完成自動車であり、大黒ふ頭は「東日本最大の自動車取扱拠点」です。令和4年4月1日には、横浜港埠頭株式会社により大黒ふ頭C4コンテナターミナルの自動車ターミナルへの転換が完了したところです。
 国土交通省と横浜市では、平成27年度から自動車専用船の大型化や着岸隻数の増加に対応するため、大黒ふ頭の横浜航路側のP3・P4岸壁の水深を7.5mから12mに深くし、延長を260mから290mに延伸する改良工事や、荷さばき地の拡張等を進めてきました。
 この度、再整備が完了し、P3岸壁として4月15日から供用を開始します。隣接するT3~T8岸壁と合わせると、全長200m級の大型の自動車専用船が5隻同時に着岸可能な我が国最大級の延長1,400mの連続バースとなります。
 これらにより、大黒ふ頭は大型の自動車専用船が11隻同時着岸可能な日本最大級の自動車取扱拠点となり、横浜港の自動車取扱機能の更なる強化が実現します。

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

港湾局港湾物流部物流企画課

電話:045-671-7263

電話:045-671-7263

ファクス:045-550-3928

メールアドレス:kw-butsuryukikaku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:409-833-602

先頭に戻る