このページの先頭です

給水区域と使用状況

最終更新日 2020年4月8日

給水区域

工業用水道は、本市の市域内で鶴見区、神奈川区、西区、中区、保土ケ谷区、旭区、磯子区、戸塚区、栄区のうち、工業用水道施設が整備されている区域に給水しています。

系統別給水能力
系統別 給水能力
m3/日
相模湖系統 117,000
馬入川系統

第1期
150,000

馬入川系統

第2期
95,000

362,000

給水区域
鶴見・神奈川・西・保土ケ谷・旭・戸塚・栄・中・磯子の各区の一部

施設概要図

工業用水道施設の概要図

使用状況

横浜市では、主に工場などの産業活動に欠かせない水として、現在、約60工場に工業用水を提供しています。
使用状況(契約水量)を主な業種で見てみると、最も多いのが石油製品製造業で、以下、化学工業、食料・飲料製造業、鉄鋼業などの順で続いており、これらの工場において、冷却用水、ボイラー用水、製品処理用水、洗浄用水などに使用されています。
なお、これら工業用としての用途以外に、動物舎の清掃、修景、トイレ、散水などで使用される雑用水の供給も行っています。

雑用水

工業用水は、工業の用に供することを目的とされていますが、給水能力に余裕がある場合は、一定量を工業用以外の用途に供給することができ、公共施設や産業の健全な発達に資する施設など、一定の要件を満たす施設を対象に給水することができます。
横浜市では、平成11年3月によこはま動物園ズーラシアの開園に合わせて雑用水の供給を開始し、現在では動物園以外でも卸売市場の場内洗浄用水や、トイレ用水などに工業用水が使用されています。

水道に関するお問合せは、水道局お客さまサービスセンターへ

水道局お客さまサービスセンター

電話:045-847-6262 ファクス:045-848-4281
※おかけ間違いのないようご注意ください

このページへのお問合せ

水道局施設部工業用水課

電話:045-954-3331

電話:045-954-3331

ファクス:045-953-4274

メールアドレス:su-kogyoyosui@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:735-352-236

先頭に戻る