このページの先頭です

丸太組構法

最終更新日 2019年3月11日

丸太組構法における中間検査の特定工程、及び指定工程の指定については、次の通り運用いたします。

運用の考え方

  1. 丸太組構法の建築物は、市施行規則第17条「特定工程の指定」の別表第4(1)項「木造の建築物で階数が1又は2であり、かつ延べ床面積が500平方メートル以下の建築物」と同等に扱う事とする。
  1. 特定工程
    全軸組緊結完了時(丸太組緊結完了時)とする。
  1. 指定工程の指定
    特定工程の施工段階では、だぼ等の検査が目視できないため、特定工程の前段に指定工程を追加指定する。(市施行細則第17条の4、(6)号による)
    指定工程は、基礎工事完了後、耐力壁が1/2程度組み上がった時とする。
  1. 実施方法
    実施に際しては、審査段階で特定工程の指定及び確認済証を交付する際、建築主に指定工程の指定を通知する。
  1. 運用開始日
    平成16年9月1日から実施する。

技術基準については平成14年国土交通省告示411をご参照ください。

このページへのお問合せ

建築局建築指導部建築指導課

電話:045-671-4531

電話:045-671-4531

ファクス:045-681-2437

メールアドレス:kc-shidotanto@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:846-626-513

先頭に戻る