このページの先頭です

障害者グループホーム

最終更新日 2021年8月30日

目次

1.障害者グループホームの概要について
2.障害者グループホームの新設について
3.実地指導
4.集団指導
5.事故報告について
6.請求について
7.障害福祉のあんない(横浜市版)
8.障害者グループホーム関係要綱等

1.障害者グループホームの概要について

 障害者グループホーム(共同生活援助)は、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)第5条第1項に規定された障害福祉サービスの一つで、障害のある方に対して、主に夜間において、共同生活を営む住居で相談、入浴、排せつまたは食事の介護、その他の日常生活上の援助を行います。また、障害者総合支援法における障害者の入所施設からの地域移行の受け皿として機能しています。
 横浜市では、障害のある人もない人も地域の中で安心して暮らせるよう、今後も障害者グループホームの整備を推し進めてまいります。
※平成26年4月より共同生活介護(ケアホーム)は共同生活援助(グループホーム)へ一元化されました。

2.障害者グループホームの新設について

 新設の募集は年1回です。
 例年、8月末から9月上旬にかけて、ホームページに新設の案内を掲載します。

3.実地指導

 3年に1度を目安として実地指導を実施しています。結果通知については、現地で確認した事項、ヒアリング及び講評等を踏まえ、市として通知する必要性を検討した上で文書により通知します。報告が必要な指摘がある場合には、次の様式を使用して報告書を作成し、御提出ください。
 適正な事業実施と認められない場合には、障害者グループホームとしての指定取消や補助金の一部又は全部の返還となる場合があります。
 実地指導を実施する年度の5~6月に、実施の連絡及び通知をしますので、御対応ください。

・「事前提出資料」について
 事前提出資料は実施日の14日前までに書面にて下記の送付先まで御郵送ください。
 令和2年度障害福祉サービス事業所実地指導(事前提出資料)

【送付先】
〒231-0005
横浜市中区本町6丁目50-10 15階
横浜市健康福祉局障害施設サービス課施設等運営支援係共同生活援助担当
・「当日準備資料」について
 当日準備資料については、当日に確認ができるよう、会場に全ての書類の準備をお願いします。
 令和2年度障害福祉サービス事業所実地指導(当日準備資料)
 実地指導改善報告書について、結果通知でお知らせした期日までにお送りください。

【改善報告書・送付先】
〒231-0005
横浜市中区本町6丁目50-10 15階
横浜市健康福祉局障害施設サービス課施設等運営支援係共同生活援助担当

4.集団指導

令和3年度集団指導の実施について

令和3年度の横浜市内の指定障害福祉サービス事業者等を対象とした集団指導について、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、当ページ及び「障害福祉情報サービスかながわ」に掲載した南公会堂での開催を見合わせ、資料のウェブ掲載による実施とします。

(1) 対象サービス

 施設入所支援・日中活動系サービス・就労定着支援・共同生活援助・短期入所

(2) 参加方法

 各事業所で資料のダウンロードや印刷を行い、内容について十分にご理解いただいた上で、

 電子申請システムでご登録いただくことで、参加されたものとします。

 下記アドレスから該当の電子申請システムにアクセスし、事業所番号ごとにご登録ください。
 https://www.e-shinsei.city.yokohama.lg.jp/yokohama/navi/procInfo.do?fromAction=1&govCode=14100&keyWord=100109&procCode=1001641(外部サイト)
 
(3) 参加締切
 令和3年6月30日(水曜日)

(4) 質問について

 集団指導の内容についてご質問がある場合は、上記登録の際、フォームに必要事項をご記入ください。

 例年どおりQ&Aでの後日掲載とし、個別での回答は行いませんのでご了承ください。

(5) 資料 ※該当するサービスについて、資料をダウンロードや印刷して内容をご確認ください。

 「令和3年度集団指導について(施設入所支援・日中活動系サービス・就労定着支援・共同生活援助・短期入所)」(本市のホームページ)および「 障害福祉情報サービスかながわ(外部サイト)」のホームページに資料を掲載しています。

  「障害福祉情報サービスかながわ」→「書式ライブラリ」→「横浜市からのお知らせ」→「① 横浜市からのお知らせ」
 →2021/05/27登録「令和3年度横浜市指定事業者集団指導(施設・短期入所・GH)の資料について」

5.事故報告について

サービスの提供中(通所事業所については、通所中・帰宅中を含む)に事故及び事件が発生した場合は、神奈川県と横浜市へ電話により第一報を行い、その後速やかに「事故報告書」を提出する必要があります。
•事故報告書(Excel)



【問い合わせ・送付先】
・横浜市健康福祉局障害施設サービス課施設等運営支援係共同生活援助担当
〒231-0005
横浜市中区本町6丁目50-10 15階
横浜市健康福祉局障害施設サービス課施設等運営支援係共同生活援助担当まで
045-671-3565

・神奈川県
〒231-8588

横浜市中区日本大通1
神奈川県福祉こどもみらい局福祉部障害サービス課事業支援グループ
045-210-4736

6.請求について

過誤申立書
令和2年3月1日以降の受付分から標記過誤申立書の提出方法を変更します。
【提出方法】電子申請
【提出締切日】月の最終開庁日前日23時59分まで
※例:令和2年3月の場合、締切は3月30日23時59分です。
※土・日・祝日と重なる場合は、締切は前倒しとなります。
※年末に横浜市が休庁となるのは12月29日からです。
【受付時間】原則24時間
【例外の取扱い】
一つのサービスで申立件数が30件を超える場合には、下記Excelの様式を提供いた
しますので、問合せ先まで個別に御相談ください。

7.障害福祉のあんない(横浜市版)

8.障害者グループホーム関係要綱等

障害者グループホーム関係要綱

横浜市単独加算サービスコード表

障害者グループホーム事務マニュアル

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

健康福祉局障害福祉保健部障害施設サービス課

電話:045-671-3565

電話:045-671-3565

ファクス:045-671-3566

メールアドレス:kf-syohome@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:488-846-863

先頭に戻る