このページの先頭です

アフリカ「アンゴラ共和国」との友好・交流

最終更新日 2019年1月18日

←「都筑区」と「アンゴラ共和国」とのつながり→

都筑区とアンゴラ共和国のつながりは、平成20年に開催された「第4回アフリカ開発会議」に際し、一駅一国運動の一環として、市営地下鉄センター北駅で「アンゴラ共和国」の紹介を行わせて頂いたことをきっかけに生まれました。
会期中、アンゴラ人画家によるこれらの壁画が寄贈され、会議で来日した首相の出席のもと除幕式が行われ、以後、この壁画は都筑区の貴重な財産として、両国の友好のシンボルとなっています。
平成26年11月3日には、都筑区制20周年を迎えることを記念し、駐日アンゴラ共和国大使館の御協力もいただきながら、横浜・都筑区とアンゴラ共和国との絆を一層強いものとするための友好交流イベントを開催しました。
平成27年11月3日には、昨年に引続き、都筑区民まつりの開催にあわせて、同国を紹介するパネル展を開催しました。

【平成27年11月3日 アンゴラ共和国紹介パネル展の様子】

パネル展の様子

パネル展の様子

アンゴラ共和国の紹介

パネル展示を眺める来場者の方々


(写真中央)畑澤都筑区長と村田都筑区連合町内会自治会長(平成27年時点)

(PDF:181KB)

アンゴラパネル展(PDF:4,225KB)


↑当日の趣旨パネルとセンター北駅の壁画のことがわかる1問1答-Q&A(全7ページ)(画像をクリックで表示されます)

【平成26年11月3日 都筑区制20周年記念 アンゴラ共和国友好交流イベントの様子】

アンゴラ壁画

アンゴラ交流イベントチラシ


アンゴラ壁画

セレモニー集合写真


アンゴラパネル展様子

アンゴラ共和国大使と中村都筑区長(当時)

アンゴラパネル展


アンゴライベントパネル展の様子

アンゴラパネル展2


(写真上)センター北駅構内に飾られているアンゴラ共和国から寄贈された壁画、友好交流イベントチラシ、セレモニー集合記念写真
(写真下)当日パネル展の様子、ヴァへケニアンゴラ共和国大使閣下と中村都筑区長(当時)、ポルトガル語と日本語の趣旨パネル

(「第20都筑区民まつり」と同時開催。区民まつり当日の様子など、詳しくはフォトニュースつづき をご覧ください。

【アンゴラ共和国】

●人口:2,147万人(2013年:世銀)/言語:ポルトガル語(公用語)、その他ウンブンドゥ語等/面積:124.7万平方キロメートル(日本の約3.3倍)

南部アフリカ西部に位置する共和制国家で、首都はルアンダ。旧ポルトガル植民地。1975年独立以来の長期にわたる内戦により経済は極度に疲弊したが、石油、ダイヤモンド等の鉱物資源に恵まれている他、農業、漁業等の潜在能力も高く、近年は高い経済成長率を維持している(2009年は世界経済危機により鈍化)。特に石油については、ナイジェリアに並ぶサブサハラアフリカ最大の産油国。2007年には石油輸出国機構(OPEC)に加盟し、2009年は議長国を務めた。一方、アンゴラ政府は石油依存型経済からの脱却を図るため、国家開発計画の下、農林水産業、製造業の振興等の産業多角化も図っている。(出典:外務省HP)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

都筑区総務部地域振興課

電話:045-948-2231

電話:045-948-2231

ファクス:045-948-2239

メールアドレス:tz-chishin@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:243-997-630

先頭に戻る