このページの先頭です

中区多文化共生推進アクションプラン

最終更新日 2021年1月14日

第2期中区多文化共生推進アクションプラン(案)に対する意見募集について

 開港のまちである中区は、かねてから外国人住民が多く、区の人口の1割強を占めています。このため中区は、国籍やルーツによらず誰もが安心していきいきと暮らせるまちを目指し、平成29年に「中区多文化共生推進アクションプラン」を策定し、多文化共生施策を推進しています。
 このたび、令和3年度から令和6年度までを計画期間とする「第2期中区多文化共生推進アクションプラン」の案がまとまりましたので、ぜひご意見・ご提案をお寄せください。

意見募集期間

令和3年1月25日(月)から令和3年2月25日(木)まで

閲覧場所

中区役所区政推進課(6階63番窓口)、市民情報センター(市庁舎3階)、なか国際交流ラウンジ、区内各地区センター、中図書館、中央図書館
※概要版については、配布も行っています。

提出方法

意見書(任意様式)に氏名及び連絡先を明記のうえ、電子メール、FAX、郵送又は当課へのご持参にてご提出ください。

送付先

中区役所区政推進課 企画調整係
〒231-0021 横浜市中区日本大通35番地
FAX 045-224-8214
Eメール na-kikaku@city.yokohama.jp
※いただいたご意見等に個別の回答はいたしませんが、意見集としてまとめ、公表します。
※ご意見等の提出に伴い取得した氏名、住所、メールアドレス等の個人情報は「横浜市個人情報の保護に関する条例」の規定に従い適正に管理し、ご意見の内容に不明な点があった場合等の連絡・確認の目的に限って利用します。

第2期中区多文化共生推進アクションプラン(案)

中区多文化共生推進アクションプランとは

 言語や文化、慣習の異なる外国人区民に対して適切に行政 サービスを提供するために、中区役所では、多言語での情報発信や窓口対応など、様々な取組を重ねてきました。
 「中区多文化共生推進アクションプラン」(平成29年6月策定)は、「横浜市多文化共生まちづくり指針」(平成29年3月策定)を踏まえ、中区の特性や実情を鑑み、区民へ直接行政サービスを提供する区役所ならではの視点から具体的に取り組むべき“アクション”を整理したものです。
 「みんなヨコハマ中区人」をビジョンに掲げ、「多文化バリアフリー」「尊重」「社会参加」という3つの柱を軸に、具体的な行動計画を策定しています。

第2期中区多文化共生推進アクションプランの策定について

 現行のアクションプラン計画期間の終了に伴い、これまでの取組の成果を振り返りながら、調査結果や社会状況の変化により取り組むべき課題を踏まえ、中区ならではの取組を整理し、第2期アクションプランを新たに策定します。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

中区総務部区政推進課

電話:045-224-8127

電話:045-224-8127

ファクス:045-224-8214

メールアドレス:na-kusei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:619-448-390

先頭に戻る