このページの先頭です

横浜市職員採用「水道技術職」

令和5年4月に採用する「水道技術職」のご案内

最終更新日 2022年6月9日

【水道技術職の魅力をお伝えします】動画配信

【ウェブセミナー動画配信】

おもな仕事ややりがいを動画で紹介します。

【仕事の内容や勤務条件を紹介】令和4年度版「水道技術職」リーフレット

水道技術職リーフレット

1 水道技術職とは?

 横浜市水道局では長い歴史の中で培ってきた技術を活かして、横浜に住む人や働く人、企業などに、24時間365日絶え間なく「安全で良質な水」を提供しています。
 「水道技術職」は、こうした水道特有の技術を習得し、未来に伝えていくことを目的に、平成29年度から採用を始めた職種です。

2 おもな仕事

 川の水から水道水を作る「浄水処理」、作った水をまち中に運ぶ「水運用」、お客さまに水を届ける「水道管などの維持管理」、「施設の計画・設計、工事監督」など、さまざまな仕事があります。大規模施設の更新や、国際貢献(海外での仕事)、災害時の被災地への協力に携わることもあります。
 詳しくはリーフレット(PDF:1,448KB)をご覧ください。若手職員による仕事の紹介を掲載しています。

3 やりがいは?

  • 「水道」は人やまちを支えるライフライン。「使命感」と「誇り」を持てます!
  • 横浜市は日本で最初の近代水道。水道技術のパイオニアとして他ではできない経験ができます!
  • 日本最大の基礎自治体。ビッグプロジェクトや市民対応など、あなたに合った仕事があります!

4 勤務条件

給与(令和4年度の初任給(地域手当含む))

  • 高専・短大卒:184,092円
  • 高校卒:171,448円

※通勤や勤務などの状況に応じて、通勤手当、住居手当、扶養手当、超過勤務手当などが支給されます。
※期末・勤勉手当が支給されます。

勤務時間・休暇

  • 勤務時間:午前8時30分から午後5時15分まで(休憩:午後0時から午後1時まで)

 ※勤務場所によって深夜業を含む交替制勤務あり
 ※時差出勤制度あり

  • 勤務を要しない日:土曜日及び日曜日
  • 休日:国民の祝日、12月29日から1月3日まで
  • 休暇:年次休暇、夏季休暇、病気休暇、結婚休暇など

住居について

県外出身の職員が安心して勤務をスタートできるよう、採用後の一時的な住居を貸与します。

  • 場所:横浜市瀬谷区二ツ橋553(三ツ境事務所敷地内・相鉄線三ツ境駅徒歩15分)
  • 対象:令和5年度入庁の水道技術職職員(神奈川県・東京都在住の場合、通勤時間が1時間半を超える方)
  • 費用:月額16,000円(光熱水費は水道局が負担します)
  • 入居期間:令和5年3月から12月まで(予定)

受験申込はこちらへ 「横浜市職員採用案内 『始動』 」
※令和4年度横浜市職員(水道技術職)採用試験の申込は令和4年6月23日(木曜日)からです。

  • 試験の種類:高校卒程度
  • 申込期間:令和4年6月23日(木曜日)から令和4年7月20日(水曜日)まで
  • 一次試験:令和4年9月25日(日曜日)
  • 最終合格発表:令和4年11月11日(金曜日)
  • 合格実績:平成28年度から平成30年度、令和元年度:各10名、令和2年度:7名、令和3年度:9名

※新型コロナウイルス感染症の影響で、試験日程等が変更になる場合があります。
 変更がある場合、横浜市職員採用案内ホームページ「始動。」及び横浜市人事委員会事務局公式Twitterで、随時お知らせします。

【横浜市水道局の技術継承の取組についてご紹介します】動画配信

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

水道局総務部人事課

電話:045-671-3110

電話:045-671-3110

ファクス:045-212-1156

メールアドレス:su-jinji@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:209-058-093

先頭に戻る