このページの先頭です

マイクロチップ装着推進事業

最終更新日 2019年4月1日

マイクロチップ装着推進事業

飼い犬・猫が迷子になってしまったときに飼い主のもとへ早期返還するために、犬・猫のマイクロチップ装着費用の一部を補助します。

本事業の目的

動物の愛護及び管理に関する法律(昭和48年法律第105号)及び横浜市動物の愛護及び管理に関する条例(平成18年3月5日条例第17号)の趣旨にもとづき、市民の飼育する犬及び猫にマイクロチップの装着を推進することにより、所有者明示の措置を講ずることに関する普及啓発を行うこと及び災害発生時に放浪動物を保護収容する動物救援センターからの早期返還率及び平常時における収容動物の返還率を向上させることを目的としています。

本事業の概要

横浜市民が市内で飼養する犬・猫のマイクロチップ装着施術1件につき、1,500円(上限)を補助します。
また、対象動物の総数は、500頭程度(1頭当たりの上限額1,500円として推定した頭数)とします。
(1)対象者 横浜市民
(2)対象動物 横浜市民が市内で飼養する犬・猫
        平成31年4月1日以降に登録動物病院でマイクロチップを装着し、AIPOへの登録を済ませたもの。
        なお、犬の場合は狂犬病予防法に基づく登録及び狂犬病予防注射が済んでいることも条件となります。
(3)補助金額 1頭につき1,500円(ただし施術費用が1,500円未満の場合は支払った額)
(4)申請方法 横浜市動物愛護センターに持参または郵送
(5)受付期間 平成31年5月7日から平成32年3月5日(郵送の場合は、平成32年3月5日の消印有効)
(6)注意点 申請してから、およそ3~4か月後を目途に、申請者の口座にお支払いします。
       AIPOへの登録に1か月程度かかる場合もありますので、早めに装着してください
       (特に締切間際の装着にはご注意ください)
       申請期間であっても、予算に達し次第終了となりますので、ご容赦ください。

マイクロチップとは

1 直径2mm、長さ8~12mm程度の円筒形の電子標識器具です。
  内部はIC、コンデンサ、電極コイルからなり、外側は生態適合ガラスで覆われています。
2 それぞれのチップには世界で唯一の15桁の番号が記録されており、専用のリーダー(読取器)で読み取ることができます。
3 動物の安全で確実な個体識別(身元証明)として欧米をはじめ世界中で広く使用されています。
  近年、日本でも犬や猫を中心に利用者が増えています。
4 ペットに飼い主の明示を行うことは、動物の盗難や迷子の防止に役立ち、迷子動物が飼い主の元に戻りやすくなります。
  また、飼い主の意識の向上などにより、動物の遺棄や逸走の未然防止につながります。

マイクロチップに関する環境省のホームページ(外部サイト)

AIPOとは

AIPOとは、Animal ID Promotion Organization(動物ID普及推進会議)の略称です。
マイクロチップによる犬や猫などの動物個体識別の普及促進とデータ管理を行っている組織です。

AIPOに関する環境省のホームページ(外部リンク)(外部サイト)

関連ページ

このページへのお問合せ

健康福祉局健康安全部動物愛護センター

電話:045-471-2111

電話:045-471-2111

ファクス:045-471-2133

メールアドレス:kf-douai@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:334-321-830

先頭に戻る