このページの先頭です

衣類

最終更新日 2020年9月9日

株式会社コナカ

【保形成資材を「プラスチック」から「紙」へ】
アパレル業界のワイシャツは、襟が潰れることを防いだり、立体的にきれいな形を維持する目的で、襟の中に首輪型や蝶キーパー、
両袖にクリップなどのプラスチック製資材を装着し、そのほとんどが使い捨てです。
株式会社コナカでは、500mlペットボトル5万本に相当する量の保形資材を紙製資材へ転換しています。
詳細はこちら(『脱プラスチック』への取組み):https://www.konaka.co.jp/news/(外部サイト)

紙製のワイシャツ保形資材の写真

株式会社三菱ケミカルホールディングス

【ペットボトル100%で作られたリサイクル化学繊維】
株式会社三菱ケミカルホールディングスの「エコルナ」は、ペットボトル再生原料100%で作られた、リサイクルポリエステル繊維
です。ペットボトルからのリサイクル製品には様々なものがありますが、衣料品の開発も普及しています。

エコルナの写真


【木材を原料とした化学繊維】
「ソアロン」は、トリアセテート繊維と呼ばれる木材を主原料とした植物由来の化学繊維で、天然繊維と化学繊維の長所を
バランス良く備えています。原料となる森林資源の持続可能性にも配慮した生産となっています。

ソアロンの写真

株式会社アシックス

【思い出のウェアがオリパラ日本代表選手団公式スポーツウェアに】
株式会社アシックスは、全国から回収したスポーツウェアを活用し、東京2020オリンピック・パラリンピックの日本代表選手団公式
スポーツウェアとして再生する「ASICS REBORN WEAR PROJECT(アシックス リボーン ウェア プロジェクト)」を実施しました(ウェアの回収は終了しています。)。
回収したウェアからリサイクルしたポリエステル樹脂(※)を使って糸や生地を製造し、新たなスポーツウェア等を作製する「循環型の
生産開発プロセス」を用いたリサイクルプロジェクト。ポディウムジャケットやパンツ、シューズなどメインアイテムに採用されており、表彰式や選手村などで使用される予定です。
※プラスチック素材の一種
詳細はこちら:https://corp.asics.com/jp/press/article/2019-01-24-1(外部サイト)
https://corp.asics.com/jp/press/article/2020-02-21-2(外部サイト)

日本代表ウェアの写真


このページへのお問合せ

資源循環局政策調整部政策調整課

電話:045-671-2503

電話:045-671-2503

ファクス:045-550-4239

メールアドレス:sj-seisaku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:484-643-245

先頭に戻る