このページの先頭です

ごみと資源の分け方・出し方

最終更新日 2019年4月9日

市で収集するもの
色同じ色の品目は同じ曜日に収集されます。各項目の詳細は画像をクリックしてください。


燃やすごみ

燃えないごみ

乾電池

スプレー缶

缶・びん・ペットボトル

小さな金属類

プラスチック製容器包装

粗大ごみ

動物の死体


地域で回収するもの

古紙

古布


市では収集できないもの各項目の詳細は画像をクリックしてください。
家電リサイクルパソコン処理困難物等

資源物の直接持ち込み・回収小型家電イーオミーオ

持ち込み先
資源回収ボックス港南資源回収センターインクカートリッジの回収

区役所・地区センターなどに設置してある、常設の資源回収拠点です。
対象:新聞、雑誌、その他の紙、紙パック、布類

詳細

新聞や古着など、家庭から出される資源物を直接持込むことのできる施設です。
対象:新聞、雑誌、段ボール、紙パック、布類、缶、びん

詳細

プリンターメーカー6社のインクカートリッジを市の施設で回収しています。

詳細

センターリサイクル古紙オープンヤード小型家電リサイクル

各区の資源循環局事務所が実施している資源物の拠点回収です。
対象:新聞、雑誌・その他の紙
段ボール、紙パック、古布
プラスチック製容器包装など

詳細

家庭から発生する古紙を直接持込ができます。
対象:新聞、雑誌、段ボール、紙パック

詳細

区役所等に設置している専用ボックスで小型の家電製品を回収しています。
対象:30cm×15cmの投入口に入る、
長さ30cm未満の電気・電池で動く製品

詳細

資源集団回収

自治会・町内会などの市民団体(実施団体)と資源回収業者が実施する資源物の回収です。対象:紙類、布類、金属類、びん類など
資源集団回収対象品

詳細

集積場所の管理

  • カラスや猫などによる散乱防止は、
    ・収集日と時間を守る
    ・散乱防止ネットやふた付容器を活用する
    ・生ごみを減らすなどが有効です。
  • 集積場所の移動などについては、各区の資源循環局事務所にご相談ください。

パンフレット類

ごみと資源物の分け方・出し方に関する広報物がダウンロードできます。
How to Put Out Your Garbage and Recyclables(Pamphlet&Leaflet)


集積場所への出し方のルール

  • 収集日当日の朝8時までに出してください(前日の夜や、収集後には出さないでください。)。
  • 横浜市では指定袋はありません。品目ごとに半透明の袋に入れて出してください(ただし、小さな金属類、古紙、燃えないごみは、各該当ページで確認してください。)。

このページへのお問合せ

資源循環局家庭系対策部業務課

電話:045-671-3816

電話:045-671-3816

ファクス:045-662-1225

メールアドレス:sj-gyomu@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:373-304-067

先頭に戻る