このページの先頭です

岡野西平沼地区街づくり協議指針

最終更新日 2020年8月31日

改正 平成22年4月1日

1趣旨

当地区は、商業・業務機能、都市型住宅を適正に配置、集積し、あわせて道路等の基盤整備を行うことにより、横浜駅を中心とする都心部の一角としてふさわしいまちづくりを進めております。
このため、大規模工場跡地の土地利用転換や、個別の建築計画等を把握し、誘導することにより、土地、建築物の有効利用や高度化、歩行者空間を確保することを目標に、次のような指導をしていますので、この地区の権利者の方々をはじめ、皆様のご協力をお願いします。

2協議区域

西区岡野1・2丁目、西平沼町の全部
浅間町1~5丁目、南浅間町、平沼1丁目、中央1・2丁目、戸部本町、桜木町7丁目の一部
なお、岡野西平沼地区は、上記のほかに、平沼1丁目の一部および平沼2丁目の全部を含む地区となります。

3協議対象

別図に示す、壁面後退路線に面する敷地、または、A~Cゾーンに含まれる敷地の建築物。ただし、西平沼町6番に位置する住宅展示場内におけるモデルハウスは除く。
別図の拡大図はこちら(PDF:3,241KB)

区域図の画像
別図(区域・外壁後退路線・ゾーンを示す図)

4協議内容

(1)建築物の壁面、塀等の後退

別図に示す道路沿いについては、安全で快適な歩行者空間、店先空間を確保するため、建築物の壁面、塀等を道路境界線より、1.5m後退してください。

(2)建物用途

Aゾーン

当地区全体の土地利用の高度化、機能集積の先鞭となるような業務・商業施設を導入してください。また、配置についても、ゾーン内が一体化するよう配慮してください。

Bゾーン

横浜駅周辺と、当地区を結ぶ軸となるよう、業務・商業機能の集積、連担に配慮してください。

Cゾーン

横浜駅周辺地区では、20年後の街の将来像を見据えた計画「エキサイトよこはま22(横浜駅周辺大改造計画)」が、平成21年度に策定されました。別図に示すCゾーンにおける建築物等の計画は、本計画に整合するよう努めてください。

5備考

別図に示す路線については、将来の地区内の大規模な土地利用転換の計画内容、規模に応じて、道路機能の強化が必要になります。
岡野西平沼地区のうち街づくり協議地区に含まれない地区については、エキサイトよこはま22(横浜駅周辺大改造計画)の計画策定区域に隣接しているため、今後の横浜駅周辺の街づくりの進ちょくに応じて、当該地区の街づくりの方針を検討していきます。

6担当課

横浜市都市整備局都心再生課
責任者:都心再生課長

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

都市整備局都心再生部都心再生課

電話:045-671-2693

電話:045-671-2693

ファクス:045-664-3551

メールアドレス:tb-tosai@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:680-638-304

先頭に戻る