このページの先頭です

農業振興関係・補助・奨励事業のご案内

最終更新日 2020年10月13日

横浜市では、活力ある都市農業を未来へつなぐため、みなさまの営農活動を支援する取組を行います。また「横浜みどりアップ計画[2019-2023]」において、市民のみなさまが身近に農を感じる場をつくる取組を行います。

横浜市単独事業のご案内

事業の流れやお申込みの締切日、諸条件などが記載されていますので、下記の「事業一覧表」をダウンロードして、ご確認ください。

事前審査申込書(ダウンロード)
事業様式見本・その他
収穫体験農園の開設支援事業
(施設・機械・備品等)
事前審査申込書(ワード:47KB)見本(野菜)(PDF:506KB)見本(果樹)(PDF:506KB)
収穫体験農園の開設支援事業
(団体対象:掘り取り等支援)
事前申込書(ワード:26KB)見本(PDF:203KB)内容説明(PDF:129KB)
先進的栽培技術の設備等導入支援事業

事業紹介ページで条件を確認後、ダウンロードしてください。

リース方式による農業機械導入を行う補助事業(経営改善支援事業)について

横浜市は、「経営改善支援事業」において、認定農業者が農業機械を購入する際の費用の一部を補助し、経営改善のために必要な農業機械の導入を支援しています。
導入する機械の金額が高額で支払いが困難な場合には、機械導入希望者はリース方式によって農業機械を利用することが可能です。リース方式で補助事業を活用する場合は、リース物件を貸付ける事業者(以下リース事業者とする)と横浜市があらかじめ協定を結んでおく必要があります。リース方式の補助を申請する場合は、協定締結後にリース事業者が補助申請を行います。
協定締結を希望するリース事業者の方は、農業振興課(下記問合せ先)までご連絡ください。
協定の締結方法や経営改善支援事業の内容についてご説明させていただきます。

リース方式

リース事業者が必要な農業機械を購入し、農業機械の利用希望者に貸し付けを行います。リース会社に対して機械の購入費の一部を横浜市が補助をすることで農業機械の利用希望者のリース料金が安価に設定されて、横浜の農業において機械化を推進し効率化を図る経営改善を支援します。

横浜農場PR関係

横浜北仲マルシェ「横浜農場PRブース」出店者募集のご案内

横浜みどりアップPR関係

横浜みどりアップPR用のぼり配布のご案内

国費導入事業等のご案内

注:国費導入事業のご利用をお考えの農業者の方は、お早めに横浜市の農政事務所へご相談ください。

お問合せ先、ご相談先

  • 鶴見区、神奈川区、保土ケ谷区、旭区、港北区、緑区、青葉区、都筑区にお住まいの方
    環境創造局北部農政事務所農業振興担当(都筑区総合庁舎4階)
    電話:045-948-2480
    ファクス:045-948-2488
  • 中区、南区、港南区、磯子区、金沢区、戸塚区、栄区、泉区、瀬谷区にお住まいの方
    環境創造局南部農政事務所農業振興担当(戸塚区総合庁舎8階)
    電話:045-866-8493
    ファクス:045-862-4351

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

環境創造局農政部農業振興課

電話:045-671-2637

電話:045-671-2637

ファクス:045-664-4425

メールアドレス:ks-nogyoshinko@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:413-221-982

先頭に戻る