このページの先頭です

横浜動物の森公園未整備区域

横浜動物の森公園は、横浜市の中心部から北西に約10km、旭区から緑区にまたがる丘陵地に整備を進めている広域公園です。よこはま動物園ズーラシアと里山ガーデンを含む未整備区域からなり、完成時には、本市北西部における市民のレクリエーションや緑の拠点となります。横浜動物の森公園未整備区域の基本計画案について、市民の皆様のご意見を募集しました。意見募集の実施結果について、公表します。

最終更新日 2020年8月17日

市民の皆様からの意見募集結果

募集期間:平成30年6月25日(月曜日)から平成30年7月25日(水曜日)まで
※意見募集は終了しました。

横浜動物の森公園の概要

所在地

横浜市旭区上白根町・都岡町・川井宿町・緑区三保町

規模

全体面積:103.3ha
(内訳)動物園:53.3ha、未整備区域:約50.0ha

施設概要

よこはま動物園ズーラシア
気候帯別に動物を展示し、それぞれの生息地の情景を、植物や岩石などで表現しています。
また、日本初の本格的な繁殖センターや緑のリサイクルプラントを整備しています。

未整備区域
里山ガーデンの大花壇や谷戸の花畑等と、現状の豊かな自然景観を保全・活用しながら、花や緑と親しむことができる公園として整備します。

整備方針

全国都市緑化よこはまフェアの成果である、里山ガーデンを含む横浜動物の森公園未整備区域について、現状の自然景観を活かしながら整備を進めます。
(1)里山ガーデンエリアでは、横浜の花で彩る大花壇や谷戸の花畑等の景観を継承し、「花や緑のゾーン」として活用・整備します。
なお、「森を楽しむゾーン」を公民連携推進エリアとし、先行して整備を実施します。

(2)その他のエリアでは、横浜らしい里山の豊かな自然を保全し、遊歩道等の必要最低限の整備を行います。

(3)周辺の交通対策の取組として、駐車場の整備や中央道路の三保街道までの延伸などを進めます。

基本計画(案)リーフレット

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

環境創造局公園緑地部公園緑地整備課

電話:045-671-3945

電話:045-671-3945

ファクス:045-671-2724

メールアドレス:ks-koenseibi@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:862-423-450

先頭に戻る