このページの先頭です

標準活性汚泥法による下水処理のしくみ

最終更新日 2018年12月28日

家庭や工場などで排出された下水は下水管を通って、水再生センターまで運ばれてきます。大量に集められた下水は水再生センターで物理的処理、生物的処理、化学的処理を組み合わせて処理されています。

水再生センター内の主な水処理施設のイラスト


沈砂池

沈砂池では大きなごみや石を沈殿させて除去します。

除じん機、ポンプなどが描かれた沈砂池断面図のイラスト

沈砂池の写真
沈砂池では水をゆっくりと流し、大きなごみを取り除きます。

粗めスクリーンの写真
粗めスクリーンでは大きな木片などを取り除きます。


最初沈殿池

最初沈殿池ではさらに時間をゆっくりかけ、沈砂池では沈降しきらなかった小さなごみなどを沈殿させて除去します。

汚泥かきよせ機などが描かれた最初沈殿池断面図のイラスト

最初沈殿池入口の写真
最初沈殿池の入口。水の流れはゆっくりです。

最初沈殿池表面の写真
油分など表面に浮いたごみも除去装置で取り除きます。


反応タンク

反応タンクは汚水処理の心臓部です。大量の空気を送り込むことで、微生物が水に溶けている汚れを分解します。汚れを分解して増えた微生物は、フロックというかたまりを作ります。フロックは泥のように見えるので、活性汚泥と呼ばれます。

散気装置などが描かれた反応タンク断面図のイラスト

反応タンク水面の写真
反応タンク内では汚水と活性汚泥が混ぜられています。白い泡は空気です。

反応タンク底部の写真
空っぽの反応タンク。底に並んだ青い円盤から空気がでます。


最終沈殿池

最終沈殿池では、重くなった活性汚泥をゆっくりと時間をかけて沈殿させます。この上澄みを処理水といいます。沈殿した汚泥の一部は、再び反応タンクに戻し、残りは汚泥処理施設に送り、処理します。

汚泥かきよせ機、返送汚泥ポンプなどが描かれた最終沈殿池断面図のイラスト

最終沈殿池水面の写真
活性汚泥が沈んだあとの上澄みは透明です。

越流ぜきの写真
池の表面の越流ぜきから流れ出たのが処理水です。


接触タンク

接触タンクでは、処理水を塩素で消毒します。その後、川や海に放流します。

消毒設備などが描かれた接触タンク断面図のイラスト

接触タンク入口の写真
入口付近で消毒用の薬品を注入します。

接触タンク入口の写真
水路のようになっていて、ゆっくり流れる間に消毒されます。


このページへのお問合せ

環境創造局下水道施設部下水道水質課

電話:045-621-4343

電話:045-621-4343

ファクス:045-621-4256

メールアドレス:ks-suishitsu@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:132-154-875

先頭に戻る