このページの先頭です

下水処理のしくみ

最終更新日 2023年10月4日

家庭や工場で排出された下水は、下水管を通って、水再生センターまで運ばれていきます。大量に集められた下水は水再生センターで物理的処理、生物的処理、化学的処理を組み合わせて処理されています。

水再生センターのイメージ図

沈砂池(物理的処理)

沈砂池では大きなごみや石を沈殿させて除去します。

最初沈殿池(物理的処理)

最初沈殿池ではさらに時間をゆっくりかけ、沈砂池では沈降しきらなかった小さなごみなどを沈殿させます。これらを汚泥(沈殿したごみ)として除去し、汚泥資源化センターに送り、処理します。

反応タンク(生物的処理)

反応タンクは汚水処理の心臓部です。大量の空気を送り込むことで、微生物が水に溶けている汚れを分解します。汚れを分解して増えた微生物は、フロックというかたまりを作ります。フロックは泥のように見えるので、活性汚泥と呼ばれます。

微生物による下水の処理

最終沈殿池(物理的処理)

最終沈殿池では、重くなった活性汚泥をゆっくりと時間をかけて沈殿させます。この上澄みを処理水といいます。沈殿した汚泥の一部は、再び反応タンクに戻し、残りは汚泥調整タンクに送り、処理します。

接触タンク(化学的処理)

接触タンクでは、処理水を次亜塩素酸ナトリウムで消毒します。その後、川や海に放流します。

汚泥調整タンク(物理的処理)

汚泥調整タンクでは、最初沈殿池、反応タンク、最終沈殿池から送られた汚泥を沈殿させ濃縮します。濃縮した汚泥は汚泥資源化センターへ送られ、処理されます。

このページへのお問合せ

環境創造局下水道施設部下水道水質課

電話:045-621-4343

電話:045-621-4343

ファクス:045-621-4256

メールアドレス:ks-suishitsu@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:132-154-875

先頭に戻る