このページの先頭です

福祉のまちづくり版ハマしぐさ

最終更新日 2019年2月27日

福祉のまちづくり版ハマしぐさ

この駐車区画はなぜ広い・・・「いつでも停めることができるように」

車いす使用者などが車に乗り降りする際には、ドアを広く開ける必要があります。このため、広いスペースを設けてあります。

広めの駐車区画を利用している車いす使用者のイラスト

●必要のない人は駐車しないようにしましょう。●


エレベーターがあるのに・・・「ゆずり合い」

高齢者や車いす・ベビーカーを利用している人などを優先し、ゆずり合いの気持ちで利用しましょう。

エレベーターがいっぱいで、ベビーカーを押している人が困っているイラスト


大切な道しるべです。「ちょっと想像したら・・・」

点字ブロックは、視覚障害者が歩くときの大切な道しるべです。
ブロックの周りには、看板や自転車などを置かないようにしましょう。

白杖を持った人がブロック上の自転車に接触しそうになったイラスト


◆「福祉のまちづくり版ハマしぐさ」の基本は、困っている人を見かけたら「お声かけ」◆

みなさんのあたたかい心の積み重ねで、ステキなヨコハマをつくりましょう。


このページへのお問合せ

健康福祉局地域福祉保健部福祉保健課

電話:045-671-4044

電話:045-671-4044

ファクス:045-664-3622

メールアドレス:kf-fukushihoken@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:206-351-092

先頭に戻る