このページの先頭です

火災からの避難

逃げよう、守ろう、その命~火災から命を守る10のステップ~

最終更新日 2021年12月24日

毎年、横浜市では火災により多くの方が亡くなっており、その約7割が「逃げ遅れ」によるものです。
火災から命を守るためには早めの避難が重要です。
火災の発生や逃げ遅れを防ぎ、命を守るための10のステップを紹介します。

横浜市の住宅火災による死者発生経過

横浜市では過去10年間(平成23年~令和2年)で住宅火災により、195人の方が亡くなっています(放火自殺者を除く)。
発生経過を見ると約7割が逃げ遅れで、その他は衣服に火がつく着衣着火や避難後に住宅へ戻ることなどとなっています。


火災による経過別死者(放火自殺者を除く)発生件数【平成23年~令和2年】

火災から命を守る10のステップ

~自宅編~

~外出編~

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

消防局予防部予防課

電話:045-334-6406

電話:045-334-6406

ファクス:045-334-6610

メールアドレス:sy-yobo@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:571-134-884

先頭に戻る