このページの先頭です

関連計画

山下ふ頭再開発は、以下の施策体系(上位計画・関連する計画)に基づき、具体的な計画を策定していきます。

最終更新日 2022年8月15日


 

横浜市港湾計画

概要

  • 横浜港を計画的に開発・利用・保全するため、港湾管理者である横浜市が港湾法に基づいて定める基本的な計画です。
  • 社会情勢や横浜港を取り巻く環境の変化を踏まえ、平成30年代後半を目標年次とする貨物量や施設の規模、配置等を定めています。

計画の方針

横浜港は「国際競争力のある港」、「市民が集い、憩う港」及び「安全・安心で環境にやさしい港」を
3つの柱とし、横浜経済の活性化と市民生活を豊かにする総合港湾づくりを目指していきます。

横浜市港湾計画の詳細

横浜港港湾計画(平成26年改訂)

横浜市都心臨海部再生マスタープラン

概要

平成62年(2050年)(※第一段階の目標年次は平成37年(2025年))
各地区で取り組まれてきたこれまでのまちづくりを前提としながら、近年における国家戦略プロジェクトや現在策定中の計画等を踏まえ、都心臨海部における市の将来構想として策定する。

対象エリア

横浜駅周辺地区、みなとみらい21地区、関内・関外地区、山下ふ頭周辺地区、東神奈川臨海部周辺地区の5地区

横浜市都心臨海部再生マスタープランの詳細

横浜市都心臨海部再生マスタープラン

その他の関連計画

このページへのお問合せ

港湾局山下ふ頭再開発調整室山下ふ頭再開発調整課

電話:045-671-7312

電話:045-671-7312

ファクス:045-550-4961

メールアドレス:kw-yamashita@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:142-939-120

先頭に戻る