このページの先頭です

本牧ふ頭で過去最大のコンテナ船 「APL Esplanade」初入港歓迎式典を開催

最終更新日 2021年11月29日

記者発表資料

令和3年11月29日

港湾局物流運営課

山本 智

電話番号:045-671-2919

ファクス:045-671-0141

 令和3年12月3日(金)、世界3位のコンテナ船運航船腹量(注1)を誇るCMA CGM社(フランス)の中南米航路「ACSA1」サービスに新たに日本へ就航したコンテナ船「APL Esplanade」が、本牧ふ頭D4コンテナターミナルへ初入港します。
 同船は本牧ふ頭に寄港する船としては、過去最大の14,000TEU(注2)型の船になります。
 横浜市では、初入港を記念して、歓迎式典を行います。当日の取材を希望される方は事前にお申込みください。
 (注1)船腹量:船に積み込む貨物の積載量 (注2)TEU:20フィートで換算したコンテナ個数

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

港湾局港湾物流部物流運営課

電話:045-671-7260

電話:045-671-7260

ファクス:045-671-0141

メールアドレス:kw-butsuryuuunei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:663-005-505

先頭に戻る