このページの先頭です

【記者発表】「山中横浜市長が南本牧ふ頭コンテナターミナルでA.P.モラー・マースク社西山徹北東アジア地区CEOと面会」

~横浜港の世界の戦略的拠点化について意見交換を実施~

最終更新日 2021年11月10日

記者発表資料

令和3年11月10日

港湾局物流運営課

永田 実

電話番号:045-671-2873

ファクス:045-671-0141

 本日、山中竹春横浜市長は、南本牧ふ頭コンテナターミナルにおいて、同ターミナルを拠点としているデンマークに本拠を置くコンテナ船世界最大手のA.P.モラー・マースク社の西山徹北東アジア地区CEOをはじめ関係者と面会しました。
 西山CEOからは、横浜港を世界の戦略的拠点の一つとして位置づけていることをはじめ、巨大な消費市場と生産拠点というふたつの顔を併せ持つ日本において、変化し続けるお客様のニーズに応え、しなやかなサプライチェーンを実践していく総合力が、物流の担い手に求められている現状、その重要な鍵を握るのがこの横浜港であること、またマースクグループ一丸となり、皆様のお力添えをいただきながら、横浜港が“次世代も選ばれる港”であるように力を尽くす意向が述べられました。
 山中市長からは、我が国最大で唯一の-18メートル大水深岸壁を有する高規格である、南本牧コンテナターミナルの同社を中心とした一体運用の効果が発揮されることへの期待を示すとともに、更なる基盤整備等、市の役割を果たし取り組んでいく姿勢をお伝えいたしました。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

港湾局港湾物流部物流運営課

電話:045-671-7260

電話:045-671-7260

ファクス:045-671-0141

メールアドレス:kw-butsuryuuunei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:245-648-682

先頭に戻る