このページの先頭です

横浜港・カーボンニュートラルポートの形成に向けて!~水素燃料電池船の実証事業に関する包括連携協定を締結!~

最終更新日 2021年2月26日

記者発表資料

令和3年2月26日

港湾局政策調整課

瀬下英朗

電話番号:045-671-7373

ファクス:045-671-7310

横浜市では、港湾における脱炭素化の実現を目指し、カーボンニュートラルポート※の形成に向けた取組を進めています。
本日、この一環として、日本郵船株式会社、東芝エネルギーシステムズ株式会社、川崎重工業株式会社、一般財団法人日本海事協会、ENEOS株式会社の5者と横浜市との間で、燃料電池船の開発・運航等の実証事業に関する、包括連携協定を締結しました。
燃料電池船の令和6年実証運航に向けて連携した取組を進め、環境に配慮した船舶への対応をいち早く進めるとともに、横浜港から脱炭素化社会の実現に貢献していきます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

港湾局政策調整部政策調整課

電話:045-671-7165

電話:045-671-7165

ファクス:045-671-7310

メールアドレス:kw-seisaku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:179-254-726

先頭に戻る