このページの先頭です

多様で柔軟な働き方の創出

最終更新日 2018年12月14日

横浜ワークスタイルイノベーション推進事業

労働力人口が減少する中で、市内中小企業や市民等を対象として、企業における多様で柔軟な働き方の創出に向けた施策を推進します。

ワークスタイルプロモーション事業

多様で柔軟な働き方や在宅勤務の普及・啓発
市内中小企業等や市民を対象とした、多様で柔軟な働き方や在宅勤務(テレワーク・クラウドソーシング)の普及・啓発セミナー及び研修会等を実施します。

新しいワークスタイルの魅力発信
誰もが活躍できる多様で柔軟な働き方を紹介する冊子「YOKOHAMA NEW WORK STYLE MAGAZINE」を発行しています。

ワークスタイル相談事業

人手不足の解消や労働生産性の向上等を目指す中小企業経営者や人事・労務担当者等を対象に、多様で柔軟な働き方の創出に向けた相談について、実績のあるコンサルタント等が応対します。

横浜ワークスタイルコンサルティングネットワークに関する協定書

雇用機会の創出や、労働生産性の向上、育児・介護等による離職防止、長時間労働の解消等の課題解決のため、三者協定を締結しました。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

経済局市民経済労働部雇用労働課

電話:045-671-2341

電話:045-671-2341

ファクス:045-664-9188

メールアドレス:ke-koyo@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:369-515-651

先頭に戻る