このページの先頭です

用途地域等の全市的な見直し

最終更新日 2022年12月1日

 「用途地域」とは、土地利用の目的に応じて13種類に分かれた地域のことで、建築できる用途や規模などに関する一定のルールを定めたものです。
 昨今では、人口減少社会の到来や少子高齢化の進行、建物の老朽化などの課題に加え、新型コロナウイルス感染症拡大等によるライフスタイルの多様化など、社会情勢が大きく変化しています。
 これらの変化に対応し、市民の暮らしやすさの向上や、多様な活動の実現等につなげていくために、用途地域等について見直しを行います。

都市計画市素案(案)説明会、縦覧及び意見書について

用途地域等の見直しの都市計画市素案(案)の説明会、縦覧、意見書の受付を行いました。
※素案(案)とは、正式な都市計画手続きを行う前の都市計画変更の案のことです。

都市計画市素案(案)について
都市計画市素案(案)説明会について ※終了しました。
都市計画市素案(案)の縦覧及び意見書の受付について ※意見書の受付は終了しました。

参考資料

「用途地域等の指定及び見直しの基本的考え方」の策定について

 「用途地域等の指定及び見直しの基本的考え方(案)」について、市民意見募集を令和3年12月15日 (水)から令和4年1月14日(金)まで行い、各ご意見に対する本市の考え方を取りまとめました。
 また、提出された市民意見を踏まえ、「用途地域等の指定及び見直しの基本的考え方」を策定しました。

用途地域等の指定及び見直しの基本的考え方(案)に関する市民意見募集について※意見募集は終了しました。

 「用途地域等の見直しの基本的考え方」について、令和3年8月27日に横浜市都市計画審議会より答申を受理しました。
 これを受け、本市では、「用途地域等の指定及び見直しの基本的考え方(案)」を作成し、市民の皆様のご意見を募集しました。

市民意見募集の概要※意見募集は終了しました。

広報よこはま特別号のお知らせ

参考

都市計画審議会からの答申について

 本市では、用途地域等の⾒直しに向け、令和2年1⽉17⽇に横浜市都市計画審議会に対して「用途地域等の見直しの基本的考え方」について諮問し、以降、計6回にわたり小委員会において議論いただきました。
 令和3年8⽉27⽇に横浜市都市計画審議会の審議を経て答申がとりまとまり、横浜市都市計画審議会会長から答申を受領しました。

用途地域等の⾒直しの基本的考え⽅について(答申)(PDF:1,743KB)
資料集(PDF:28,083KB)

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

建築局企画部都市計画課

電話:045-671-2658

電話:045-671-2658

ファクス:045-550-4913

メールアドレス:kc-youto2022@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:981-416-342

先頭に戻る