このページの先頭です

南区の建築協定

最終更新日 2019年7月30日

建築協定とは

それぞれの地域の特性に応じて、建物の用途や高さなど、建物の建て方の具体的なルールを、地域の方全員の合意によって定め、市長が認可します。

これにより、「戸建て住宅を中心に」「建物の高さは10mまで」「敷地の細分化をふせごう」「隣地に建物を近づけない」といったことを、まちのルールとして定めることができます。

ルールは、地元でつくる建築協定運営委員会で守っていきます。有効期限は任意(一般的には10年)に定められます。


南区の建築協定

建築協定が結ばれている、弘明寺ひかりが丘地区のまちなみの画像
弘明寺ひかりが丘地区のまちなみ

南区では、5つの地区で建築協定が結ばれています。
詳しくは下記の関連ページ「南区の建築協定一覧」をご覧ください。

  1. ダイヤ別所台住宅地
  2. 清水ヶ丘団地
  3. 横浜永田町住宅分譲地
  4. 弘明寺「ひかりが丘」地区
  5. 藤和フレッシュタウン上大岡

参考:弘明寺「ひかりが丘」地区建築協定(抜粋)

  • 地区内の建築物は一戸建・住居専用住宅とする(該当ブロックのみ)
  • 建築物の最高の高さは10m、軒の高さは7m以下とする
  • 地階を除く階数は2以下とする
  • 各区画は最小面積を150平方mとする

建築協定に関するお問合せ先

南区区政推進課企画調整係 南区役所6階64番窓口
電話:045-341-1233

都市整備局地域まちづくり課 横浜市役所6階
電話:045-671-3595

※建築に伴う事前協議については、地元の建築協定運営委員会をご紹介いたします。

関連ページ

このページへのお問合せ

南区総務部区政推進課

電話:045-341-1112

電話:045-341-1112

ファクス:045-341-1241

メールアドレス:mn-kusei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:337-934-122

先頭に戻る