このページの先頭です

近代水道創設記念日について

最終更新日 2020年9月7日

近代水道ってなに?(横浜水道の歴史をご紹介します)

日本で初めて近代水道が創設されたのは「横浜」なんです!

日本の近代水道は、1887(明治20)年10月17日、イギリス人技師「ヘンリー・スペンサー・パーマー」氏の指導のもと、横浜に初めて創設されました。
「近代水道」とは、川などから取り入れた水を濾過(ろか)して、鉄管などを用いて有圧で給水する水道のことで、今日の私たちが使っている
水道の仕組みと同じものです。

横浜市水道局の取組

横浜市水道局では、近代水道創設を記念し、「10月17日」を「近代水道創設記念日」として、多くの方に横浜水道の歴史を知って
いただけるよう、イベント等を行っています。

2020年の取組

2019年の取組

2018年の取組

2017年の取組

2016年の取組

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

水道局事業推進部公民連携推進課

電話:045-671-3084

電話:045-671-3084

ファクス:045-212-1169

メールアドレス:su-kouminrenkei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:627-341-540

先頭に戻る