このページの先頭です

給水のしくみ

最終更新日 2019年2月21日

給水方式の概要図
                 給水方式の概要図

直結増圧式給水

増圧ポンプで直結給水の拡大

水道局では、平成17年4月から、マンション・事務所ビル等のお客様に「安全でおいしい水」をお届けするため、給水管に設置する増圧ポンプを口径75mmまで拡大しています。これにより、市内のほとんどのマンション・事務所ビルは、受水槽を経由せず配水管からお客さまの蛇口まで、直結給水が可能となっています。

直結多段増圧式給水方式の導入

水道局では、増圧ポンプを多段に設置する直結増圧式給水の新方式(以下「直結多段増圧式給水」という。)について調査した結果、より高層階への直結給水が可能で導入のメリットが大きいことから、この方式による給水装置工事申込を平成23年5月から受け付け、高層建物への直結増圧式給水の拡大を図ります。
水道管から直接蛇口まで増圧ポンプで給水する直結増圧式給水は、受水槽式給水と比べてより安全でおいしい水の供給や省エネルギーの推進、建設費と維持管理費の低減が期待でき、今回の「直結多段増圧式給水」の導入により、これまで中高層階までだった高さ制限がなくなり、より高層の建物への直結式給水が可能となりました。

直結多段増圧式給水のイメージ

直結多段増圧式給水のイメージ

直結式給水のメリット

  1. より安全でおいしい水の供給
    受水槽を経由せず蛇口まで直結式で給水するので、より安全でおいしい水を供給することができます。
  2. 建設費の縮減及び省スペース
    受水槽式給水に比べ給水設備に係る建設費が低減でき、受水槽スペースが不要となるので、スペースの有効利用が図れます。
  3. 維持管理費の低減
    受水槽が無いので受水槽の維持管理費が不要となります。
  4. 電力費の低減及び省エネルギーの推進
    配水管の水圧を有効利用することで、受水槽式給水で使用する加圧給水ポンプより少ない電力で給水が可能となり、電力費の低減と省エネルギーが推進できます。

費用負担等

  • 増圧ポンプ設置の工事費、維持管理費及び配水管への接続工事は設置者負担になります。
  • ポンプ製造メーカーの年1回の定期点検が必要となります。

増圧給水設備の仕様

水道用直結加圧形ポンプユニット

日本水道協会(JWWA B130)規格品又は同規格品と同等以上の製品

水道用減圧式逆流防止器

日本水道協会(JWWA B134)規格品又は同規格品と同等以上の製品

直結直圧式給水

直結直圧式給水の建物規模を配水管水圧0.25Mpaで給水可能な階層までに拡大

直結直圧式給水の上限階層は4階までとしていましたが、平成23年5月から、分岐する配水管の給水水圧0.25Mpaで給水可能な階層までとしました。

直結直圧給水の適用範囲

分岐する配水管が給水水圧0.25Mpa以上区域に該当する場合は0.25Mpa、該当しない場合は水道局から回答した給水水圧(0.25Mpa未満)で、水理計算を行い給水可能な場合は直結直圧式給水が可能です。

給水水圧調査依頼について

3階建て以上の直結直圧式給水を希望される場合は、事前に水道局水道事務所へ、給水水圧調査依頼書を提出し、給水分岐予定場所が給水水圧0.25Mpa以上区域に該当するか等の調査が必要となります。

受水槽式給水

水道水をいったん水槽に入れ、この水をポンプで直接給水したり、屋上などに設けた高置水槽に送り、給水する方式です。
また、受水槽方式には、水道施設の事故による断水や地震などの災害時に水を確保するストック機能があります。
なお、受水槽は1年以内ごとに1回、点検・清掃などの維持管理を設置者又は管理者にしていただくことになっています。
※受水槽の点検・清掃などの維持管理については各区福祉保健センター環境衛生係までご相談ください。
~受水槽をご利用のお客さまへ~直結式給水への切替のお勧め(PDF:1,693KB)

問合わせ先

給水方式の詳細につきましては、該当の区を所管する水道局水道事務所へお問い合わせください。

  • 菊名水道事務所:045-531-4181(港北区、都筑区)
  • 鶴見水道事務所:045-521-2321(鶴見区、神奈川区)
  • 三ツ境水道事務所:045-363-1541(旭区、泉区、瀬谷区)
  • 青葉水道事務所:045-974-2331(緑区、青葉区)
  • 中村水道事務所:045-252-9001(西区、中区、南区、保土ケ谷区)
  • 洋光台水道事務所:045-833-7491(港南区、磯子区、金沢区)
  • 戸塚水道事務所:045-871-6461(戸塚区、栄区)

水道に関するお問合せは、水道局お客さまサービスセンターへ

水道局お客さまサービスセンター

電話:045-847-6262 ファクス:045-848-4281
※おかけ間違いのないようご注意ください

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

水道局給水サービス部給水維持課

電話:045-633-0174

電話:045-633-0174

ファクス:045-664-6739

メールアドレス:su-kyusuiiji@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:991-206-297

先頭に戻る