このページの先頭です

(仮称)深谷通信所跡地墓園について

最終更新日 2021年9月24日

経緯

深谷通信所跡地は、昭和20年に米軍により接収され、平成26年6月に返還された約77ヘクタールの米軍基地の跡地です。本市では「米軍施設返還跡地利用指針」(平成18年6月)及び「横浜市米軍施設返還跡地利用行動計画」(平成23年3月改訂)を策定しており、深谷通信所跡地は、施設の円形形状や全域国有地という条件を生かし、米軍施設返還の象徴的施設として、また、首都圏の環境再生の拠点として、特色あるデザインや、自然・スポーツ・文化等広く利用者をひきつけるテーマを備えた大規模な緑の空間の形成を目指すこととしています。
そして、深谷通信所返還対策協議会をはじめ地元の市民を中心に跡地利用に関しての意見や要望を聞きながら、様々な機能や施設の導入を検討のうえ、「深谷通信所跡地利用基本計画(案)」(平成29年7月)を公表し、市民意見募集を行いました。その後、市民意見を取りまとめ、跡地利用の基本方針として「深谷通信所跡地利用基本計画」(平成30年2月)を策定しました。
「(仮称)深谷通信所跡地墓園整備事業」は、四季折々の草花を楽しむことができ、憩いの場として多くの人が訪れ、公園と一体となった緑豊かな空間の形成や防災機能の充実を図るとともに、全市的な課題となっている墓地需要に対応するため、公園型墓園を整備するものです。

墓園名称・所在地

墓園名称:(仮称)深谷通信所跡地墓園
所在地:横浜市泉区和泉町

(仮称)深谷通信所跡地墓園の概要

緑豊かな市営の公園型墓園とし、四季折々の草花や緑に囲まれた芝生型や合葬式の納骨施設を整備します。また、墓園内の園路や緑地などを開放し、散歩や憩いの場としても利用できる、公園と一体となった空間の形成を図ります。

環境影響評価手続

手続の内容について

(仮称)深谷通信所跡地墓園整備事業の環境影響評価手続については、以下のホームページでご覧いただけます。
(仮称)深⾕通信所跡地墓園整備事業環境影響評価⼿続について

環境影響評価方法書の縦覧及び説明会開催のお知らせ

(仮称)深谷通信所跡地墓園整備事業について、横浜市環境影響評価条例に基づく「環境影響評価方法書」を作成しましたので、その概要と縦覧及び説明会の開催についてお知らせします。

説明会日程及び会場
開催日 時間 会場 定員(先着)
10月8日(金曜日)

19時00分~20時30分

(18:30開場)(予定)

戸塚区民文化センターさくらプラザ

(戸塚区戸塚町16-17)

160人
10月10日(日曜日)

19時00分~20時30分

(18:30開場)(予定)

戸塚区民文化センターさくらプラザ

(戸塚区戸塚町16-17)

160人
10月17日(日曜日)

19時00分~20時30分

(18:30開場)(予定)

泉区民文化センターテアトルフォンテ
(泉区和泉中央南5-4-13)

160人
10月18日(月曜日)

19時00分~20時30分

(18:30開場)(予定)

泉区民文化センターテアトルフォンテ
(泉区和泉中央南5-4-13)

160人

備考1:「仮称深谷通信所跡地公園整備事業の説明会」と合同で開催します。
備考2:各回とも説明内容は同じです。
備考3:詳しくは説明会チラシをご覧ください。(PDF:1,547KB)

その他

深谷通信所の跡地利用

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

健康福祉局健康安全部環境施設課

電話:045-671-4387

電話:045-671-4387

ファクス:045-664-6753

メールアドレス:kf-kankyo@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:323-659-884

先頭に戻る