このページの先頭です

横浜市墓地問題研究会について

最終更新日 2019年3月19日

設置目的

少子・高齢化、核家族化の進展など社会状況が変化している中で、将来を見据えた今後の本市墓地供給のあり方や方向を調査・研究するため、横浜市墓地問題研究会(以下、研究会)を平成21年8月に設置しました。

これまでの経緯と研究会を立ち上げる理由

  • 本市における墓地供給のあり方、市営墓地の整備の必要性等について検討を行う必要性があること。
  • 従来の墳墓型墓地ではなく、緑を生かすことができる芝生型墓地、樹木型墓地、土地形状を活用する壁面型墓地、後継者がいない方等のための合葬式墓地など、新形態の墓地に対する市民のニーズが多くなってきており、市営墓地にその供給が期待されていることから、市営墓地整備を検討する必要がでてきたこと。
  • 本市においては、民営墓地中心に供給が行われてきましたが、墓地建設を巡る紛争が引き続き発生しており、解決方策の検討が必要であること。

設置根拠

検討項目

  1. 墓地需要数の設定方法
  2. 墓地整備に係る公民の役割分担
  3. 公園型市営墓地の整備の可能性
  4. 緑地の保全、調整区域のあり方と墓地整備
  5. 民営墓地の規制の妥当性

横浜市墓地問題研究会報告書

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

健康福祉局健康安全部環境施設課

電話:045-671-2450

電話:045-671-2450

ファクス:045-664-6753

メールアドレス:kf-kankyo@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:886-501-313

先頭に戻る