このページの先頭です

横浜市猫の適正飼育ガイドラインについて

最終更新日 2018年12月20日

「横浜市猫の適正飼育ガイドライン」を作成しました

都市部の住宅密集地である横浜市では、飼い主のいない猫やそと猫による糞尿の被害やごみ漁り、飼い主のいない猫の増加などが原因で、地域でのトラブルになることがあります。また、無責任な飼い主が引っ越し等の理由で飼い猫を置いていくことなども問題となっています。
これらのトラブルを解決するために、まず飼い猫については、飼い主が屋内飼育などを徹底することが重要です。また、飼い猫を捨てることは犯罪であることを周知し、捨て猫防止を徹底していく必要があります。
飼い主のいない猫に関しては、地域の環境問題としてとらえ、問題解決を目指します。TNRにより猫の個体数の増加を防ぎながら、地域住民の理解と同意を得て「地域猫活動」を行うことで、問題の解決につなげていく方法があります。
横浜市では、飼い主のいない猫やそと猫による問題の解決や防止に活かしていただけるよう、「動物の愛護及び管理に関する法律」や「住宅密集地における犬猫の適正飼養ガイドライン」(環境省作成)を踏まえ、「横浜市猫の適正飼育ガイドライン(PDF:707KB)」を作成しました。

啓発チラシ

関連ページ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

健康福祉局健康安全部動物愛護センター

電話:045-471-2111

電話:045-471-2111

ファクス:045-471-2133

メールアドレス:kf-douai@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:668-770-462

先頭に戻る