このページの先頭です

プラスチック製容器包装のリサイクル

最終更新日 2019年1月4日

プラスチック製容器包装のリサイクル
プラスチック製容器包装は容器包装を製造・販売する事業者がリサイクル費用を負担することが法律で義務付けられていますが、一定の基準より小規模の事業者については費用負担が免除されています。そのため、その分は市町村が負担することとされています。

【参考】(公財)日本容器包装リサイクル協会(外部サイト)
材料リサイクル、ガス化等のリサイクル手法についてより詳しく解説してします。

資源化量及び中間処理業者・リサイクル業者一覧

リサイクル実績
年度中間処理業者リサイクル業者資源化量
H26(株)兼子、JFE環境(株)、(株)ホンマ

【材料リサイクル】JFEプラリソース(株)
【高炉還元化】JFEプラリソース(株)
【コークス炉化学原料化】JFEプラリソース(株)
【ガス化】昭和電工(株)
【市町村負担分・ガス化】JRC・J環ロジ特定共同企業体

5,890t
13,516t
8,304t
19,665t
489t

H25(株)兼子、JFE環境(株)、(株)ホンマ

【材料リサイクル】(株)エコスファクトリー、JFEプラリソース(株)
【ガス化】昭和電工(株)
【市町村負担分・ガス化】JRC・J環ロジ特定共同企業体

17,047t
30,516t
516t

H24(株)兼子、JFE環境(株)、(株)ホンマ

【材料リサイクル】JFEプラリソース(株)
【ガス化】昭和電工(株)
【市町村負担分・ガス化】ジャパン・リサイクル(株)

15,874t
31,716t
488t

動画(YouTube)

【分別収集した資源物のリサイクル】プラスチック製容器包装(外部サイト)

このページへのお問合せ

資源循環局家庭系対策部業務課

電話:045-671-3816

電話:045-671-3816

ファクス:045-662-1225

メールアドレス:sj-gyomu@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:756-056-442

先頭に戻る