このページの先頭です

災害時における被災建築物のアスベスト調査に関する協定

最終更新日 2021年6月21日

概要

 災害時に被災建築物からのアスベストの飛散防止対策を進めるためには、迅速に被災建築物のアスベストの露出状況を調査する必要があります。そこで横浜市は、一般社団法人建築物石綿含有建材調査者協会(以下「ASA」)と被災建築物のアスベスト調査に関する協力体制の構築について合意し、平成30年1月17日に「災害時における被災建築物のアスベスト調査に関する協定」を締結しました。

締結の様子

【記者発表資料】 一般社団法人建築物石綿含有建材調査者協会と災害時における被災建築物のアスベスト調査に関する協定を締結しました!!(PDF:294KB)

協定書

関連リンク

災害時における有害化学物質調査の協力に関する協定
環境中に飛散したアスベストの調査など、災害時の有害化学物質調査の協力に関する協定を、市内の民間分析機関の団体と締結しています。

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

環境創造局環境保全部環境管理課

電話:045-671-2487

電話:045-671-2487

ファクス:045-681-2790

メールアドレス:ks-kagaku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:923-295-812

先頭に戻る