このページの先頭です

横浜市立図書館100周年記念サイト

横浜市立図書館は令和3(2021)年6月に開業100周年を迎えました。このサイトでは100周年事業について随時お知らせします。

最終更新日 2021年10月12日

100周年事業関連イベント情報

各図書館で開催予定の100周年記念イベント情報を随時ご紹介します。

100周年記念パネル展示「横浜市立図書館100年のあゆみ」

開業100周年を迎える横浜市立図書館のあゆみを紹介するパネル展示を、各図書館を巡回して開催しています。
◆現在開催中の図書館
【磯子図書館】
会場/磯子図書館1階ロビー
開催期間/10月1日(金曜日)から10月10日(日曜日)まで
【山内図書館】
会場/山内図書館展示コーナー
開催期間/10月1日(金曜日)から10月31日(日曜日)まで
【展示の様子】

磯子展示風景1 磯子展示風景2

磯子図書館の様子

山内展示風景1 山内展示風景2

山内図書館の様子

 

◆今後の開催予定

都筑図書館 11月1日(月曜日)から11月30日(火曜日)まで

戸塚図書館 11月4日(木曜日)から11月25日(木曜日)まで

旭図書館  11月2日(火曜日)から11月8日(月曜日)まで

保土ケ谷図書館 11月11日(木曜日)から11月24日(水曜日)まで

神奈川図書館 12月1日(水曜日)から12月28日(火曜日)まで

港南図書館 令和4年1月12日(水曜日)から1月31日(月曜日)まで


◆開催終了した図書館

終了した図書館の様子はこちらのサイトからご覧ください。


これまでに実施したイベントはこちらのサイトからご覧ください

Twitter企画「100ページ目のことばたち」

開業100周年にちなみ、本の「100ページ目」に掲載されている、心に響く「ことば」を本の写真とともにツイートし、本や図書館の魅力を発信します。
100ページ目のことばたち@横浜市立図書館(Twitter)(外部サイト)
◆ミニ展示も開催中!
【磯子図書館】
月替わりで3冊ずつ展示しています。
会場/磯子図書館 検索機横
開催期間/12月まで(予定)


記念式典・講演会を開催しました!

令和3年6月11日に開業100周年を迎えるのを記念して、市民の皆様、図書館の運営を支えてくださったボランティアの皆様等をお招きして記念式典・講演会を開催しました。
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、式典・講演会は会場の人数を制限し、オンライン配信を行いました。
アーカイブ配信を行う予定です。準備が整いましたら、公開日時、視聴方法等をご案内します。

式典・講演会

 鈴木敏夫氏肖像写真

概要

日時:令和3年6月13日(日曜日)午後1時30分から午後4時まで
会場:港南公会堂 (港南区港南中央通10-1)
定員:150名程度
※表彰者のご招待を除く人数。往復はがきによる事前申込み制による抽選
対象:横浜市在住の小学生以上の方 ※未就学児はご遠慮ください。

記念講演会 スタジオジブリ 鈴木敏夫氏 × (編集者)永塚あき子氏 対談

高畑勲・宮崎駿両監督と共に、数々のアニメーション作品を送り出してきた、スタジオジブリプロデューサーの鈴木敏夫さんをお迎えしました。
その基礎を作り、世界をひろげたのは映画、そして本でした。横浜が舞台の「コクリコ坂から」など、これまでに製作された作品にまつわる膨大な記録の中から、過去・現在・未来を紹介している『ALL ABOUT TOSHIO SUZUKI』。1冊の本を編む過程を共に歩まれた、編集者の永塚さんとの対談です。

100周年記念パンフレット

パンフレット表紙

100周年記念式典等で配布したパンフレットです。市立図書館の歴史年表などが掲載されています。
パンフレットのダウンロード(PDF:1,648KB)

これまでの図書館のあゆみ

1921(大正10)年、横浜公園内の仮閲覧所で開業してから、100年。
関東大震災による建物と蔵書の焼失、戦時中の複数回の移転など、図書館の苦難の時代がありました。
戦後は、高度経済成長期の人口増加、生涯学習の広がり、インターネットの普及など、社会が大きく変わり、図書館も、野毛の1館から18区すべてに作られ、図書館情報システムが稼働するなど、大きく変化しました。
これまでの市立図書館の歴史を、年表にまとめました。
年表はこちら

市立図書館100周年を記念して、横浜市立図書館を象徴するロゴマークを制作するため、電子申請及び各図書館で、ロゴマークの投票を実施しました。
6,892人の方に投票いただき、3,425票を獲得したこちらのデザインに決まりました。
投票にご参加くださった皆様、ありがとうございました。


横浜市立図書館ロゴマークに込める思い

3つの本は、図書館の構成要素である、「人」「本」「機会」。
3つの本で、中心に形作られた「Y」は「横浜」を、
土台となる円の部分は、図書館の存在の基盤となる「まち」と「つながり」を表します。
ロゴマーク全体で、「人」「本」「機会」「まち」をつなぐ、横浜市立図書館を象徴しています。

  • 「人」 利用する人・利用を支える人(図書館職員・ボランティア・民間企業等)
  • 「本」 本を代表とした、収集・整理された、様々な形態の知識・情報のすべて
  • 「機会」 読書や、地域の情報拠点としての場、新しい発見や見識に遭遇する機会(チャンス)
  • 「まち」と「つながり」
    • 「まち」…地域(暮らし、学び、働く場所)など、図書館の存在理由となる基盤
    • 「つながり」…「人」「本」「機会」「まち」などのつながり

紹介されました!

各種メディア等で市立図書館100周年について取り上げていただいています!

掲載・放映等一覧
掲載・放映(予定)日時/内容

2021(令和3)年1月

Youテレビ制作番組「横浜ミストリー」(1月)で 「横浜市立図書館100周年」が放送されました。
1月15日季刊誌『横濱』2021年新春号に「開館100周年を迎える横浜市立図書館の歴史と今」(p.60-61)が掲載されました。
4月1日『広報よこはま』(西区版) 2021年4月号に特集記事が掲載されました。
4月23日ヨコハマ経済新聞(web)に中央図書館で実施した企画展示「図書館×市営交通」が紹介されました。
4月27日ニッポン放送(広報ラジオ番組)「ようこそ横浜」で市立図書館のTwitter(カウントダウン、100ページ目のことばたち)が紹介されました。
4月27日はまこれ横浜(web)に中央図書館で実施した企画展示「図書館×市営交通」、Twitter(100ページ目のことばたち)が紹介されました。
5月11日SmartNews(横浜市SNS)に100周年記念式典・講演会について掲載されました。
5月11日横浜観光情報(横浜観光コンベンション・ビューロHP)にて100周年記念式典・講演会について掲載されました。
5月19日神奈川新聞「市民のひろば」で市立図書館100周年の記事が掲載されました。
6月1日『広報よこはま』(全市版) 2021年6月号に特集記事が掲載されました。
6月ケーブルテレビで放映の広報動画「ぎゅっとヨコハマ!」で市立図書館100周年についてお知らせが放送されました。
6月5日文化放送(広報ラジオ番組)「横浜流儀(ハマスタイル)」で「横浜市立図書館100周年」について放送されました。
6月6日FMヨコハマ(広報ラジオ番組)「YOKOHAMA My Choice!(ヨコハママイチョイス!)」で「横浜市立図書館100周年」について放送されました。
6月8日ニッポン放送(広報ラジオ番組)「ようこそ横浜」で「横浜市立図書館100周年」について放送されます。
6月10日ラジオ日本(広報ラジオ番組)「ホッと横浜」で「横浜市立図書館100周年」について放送されした。
6月11日ラジオ日本(広報ラジオ番組)「ホッと横浜」で「横浜市立図書館100周年」について放送されました。
6月12日テレビ神奈川「ハマナビ」で「横浜市立図書館100周年」について放送されました。
6月15日神奈川新聞に「横浜市立図書館100周年記念式典・講演会」の様子が掲載されました。
7月11日「横浜市立図書館100周年記念講演会」(前半)の様子が、ラジオ番組「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ!」(TOKYO FMほかJFN全国38局ネット)で放送されました。
7月18日「横浜市立図書館100周年記念講演会」(後半)の様子が、ラジオ番組「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ!」(TOKYO FMほかJFN全国38局ネット)で放送されました。

テレビ神奈川「ハマナビ」 ハマの図書館100周年(動画)

横浜市交通局も、図書館と同じく令和3年に100周年を迎えました!

野毛山動物園は、令和3年に開園70周年を迎えました!

横浜DeNAベイスターズは誕生10周年!

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

教育委員会事務局中央図書館企画運営課

電話:045-262-7334

電話:045-262-7334

ファクス:045-262-0052

メールアドレス:ky-libkocho-k@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:609-370-344

先頭に戻る