このページの先頭です

横浜市高等学校奨学生募集(令和2年度の募集は終了しました)

最終更新日 2020年8月4日

横浜市高等学校奨学生の募集について

令和2年度横浜市高等学校奨学生について(募集終了)

  • 令和2年度申請書類の提出は令和2年6月15日(月曜日)をもって締め切りました。申請いただいた方及び提出いただいた高等学校につきましてはありがとうございました。
  • 採用・不採用の結果は令和2年9月下旬から10月上旬頃に横浜市から高等学校へ通知させていただく予定です。(時期が前後する可能性もあります。)その後、各高等学校から申請者の方へ結果通知をお渡しいただく形となりますので、恐れ入りますが今しばらくお待ちください。
  • また、採用された方は、採用通知後に支給手続きを行うにあたり必要な書類を期限までに提出していただく必要がありますが、詳細については採用結果通知時に採用者のいる高等学校へ文書にて御連絡いたします。
  • 継続採用者の方についても、新規採用者の方とともに上記の時期に各高等学校へ通知し、支給に必要な書類の提出を依頼します。お待たせしており申し訳ありません。
  • 採用・不採用の結果をお送りするまでの間に、申請された生徒の方や継続採用予定の方の状況等に変更があった場合は、恐れ入りますが担当まで御連絡くださいますようお願いいたします。

次回の横浜市高等学校奨学生の募集について(予定)

  • 令和3年度の募集は令和3年3月中旬以降にこちらのホームページでお知らせする予定です。
  • 令和2年度の本奨学生の募集は、コロナウイルス感染症対策による高等学校の臨時休業等の影響により、例年とは異なり提出期限を延期しました。そのため、令和3年度の募集は令和2年度と同じスケジュールとならない可能性が高くなります。
  • 今後、スケジュールが変更となる場合などもこちらのページでお知らせしますので、御確認くださいますようお願いいたします。

令和2年度横浜市高等学校奨学生募集内容

※令和2年度の募集は締め切らせていただきました。
(参考:次の情報は令和2年度募集時の案内として掲載していたものです。)

  • 申請書類は在籍する高等学校を通しての御提出をお願いしております。
  • A平成31年度市民税・県民税特別徴収税額通知書、B平成31年度市民税・県民税税額決定・納税通知書、C令和元年度市民税・県民税課税(非課税)証明書については、必ず表題が「平成31年度」または「令和元年度」のものを御準備ください。表題が「令和2年度」となっている書類では審査することができません。

1奨学金の支給内容

月額5,000円(年額60,000円)で返還の必要はありません。

2採用人数及び支給期間

  • 新規採用人数850人程度(予定)で応募が多数ある場合は選考とします。選考方法については5の募集要項等一式参照。
  • 採用された場合は原則として卒業(正規の修業年限)まで支給します。修業状況によっては継続採用できない場合もあります。

3応募資格及び募集要項

次の1から4までの全てに該当する方

  1. 保護者が横浜市内在住の方(生徒本人が通う高等学校は横浜市内・市外、公立・私立を問いません。)
  2. 高等学校に在学し、品行方正な方
  3. 学業成績が前年度(新3年生以上は前年及び前々年度)の全履修教科・科目の評定平均値において5段階評価で3.70以上の方
  4. 世帯収入が少なく、学資の支払いが困難な方(目安:4人家族の場合は世帯収入が約500万円程度以下の方)

(2の補足)

  • 高等学校には、「特別支援学校の高等部」「中等教育学校の後期課程」を含みます。

(3の補足)

  • 新1年生の場合は、中学校第3学年末の(1年間の)全履修教科の成績
    • 中学校第3学年の成績は、高校受検時ではなく学年末時点です。
    • 中学校には、「特別支援学校の中等部」「中等教育学校の前期課程」「義務教育学校の後期課程」を含みます。
  • 新2年生の場合は、高等学校第1学年末の(1年間の)全履修科目
  • 新3年生以上の場合は、前年と前々年の2年間の全履修科目
  • 評定平均値は、小数点以下第3位を四捨五入してください。

(4の補足)

  • 目安の「4人家族の場合は世帯収入が約500万円程度以下の方」とはあくまで目安であり、この金額を上回っているからといって応募をお断りするものではありません。ただし、本奨学金は例年採用人数以上の応募があり、応募が多数ある場合は資格を満たす方の中で生計状況の厳しい方から採用となりますのであらかじめ御了承ください。

4その他

  • 前年度以前に本奨学生としてすでに採用されている方は、改めて申請書類を提出する必要はありません。ただし、前年度以前に採用された後に辞退した方が再度申請する場合は申請書類を提出してください。
  • 本奨学金は高等学校等就学支援金、高校生等奨学給付金と併給できます。
  • 本奨学金は他の奨学金等とも併給できますが、併給しようとする他の制度が併給不可の場合はその条件により併給できません。併給しようとする他の制度が併給を可としているかどうかは、その制度の所管部署へお尋ねください。
  • 様式①~③以外の生計を同じくする家族等の収入や特別控除に関する添付書類について、封筒に入った状態での提出を希望される場合は、応募する方が任意の封筒を御用意のうえ書類を入れて糊付けしていただき、学校名・学年・申請者名・入っている書類名を封筒表面に明記して在学する高等学校に御提出ください。

5応募に関する詳細及び提出書類(募集要項ダウンロード)

(令和2年度の募集は締め切りましたが、参考として掲載します)
【当初配布版】令和2年度横浜市高等学校奨学生募集要項等一式(PDF:7,510KB)
【提出期限延期版】令和2年度横浜市高等学校奨学生募集要項等一式(PDF:6,931KB)

  • 申請書類は在籍する高等学校を通しての御提出をお願いしております。各高等学校内での提出締切を事前に確認いただき高等学校へ御提出ください。なお、令和2年度の申請は6月15日(月曜日)をもって締め切りました。
  • 募集要項一式の内容は、募集要項1ページから4ページ、様式①から様式③、別紙1、別紙2です。
  • 募集要項一式PDFデータはA4サイズで両面印刷していただくことを想定しています。様式①から様式③の裏面は白紙です。
  • 記入の際は鉛筆やシャープペンシル、消せるボールペン、修正テープ、修正液などは使用しないでください。誤りを修正する場合は、二重線を引いて近くに書き直してください。

6応募方法

在学する高等学校を通して申請書類一式を横浜市教育委員会へ提出してください。
申請者から横浜市教育委員会へ直接提出することはできません。

7提出期限

令和2年度の申請は、令和2年6月15日(月曜日)をもって締め切りました。

8お問い合わせ先

横浜市教育委員会事務局学校支援・地域連携課
横浜市高等学校奨学金担当
電話:045-671-3474、FAX:045-681-1414
※お問い合わせ受付時間は午前8時45分から午後5時15分までです。土曜日、日曜日、祝日を除きます。

各高等学校の奨学金御担当者様へ

令和2年度の申請書類の提出について、御協力いただき誠にありがとうございました。
採用・不採用通知についてはしばらくお待ちください。なお、不備や確認したい事項がある場合、申請のあった高等学校へ担当よりお問い合わせさせていただく場合がありますが御了承ください。また、申請結果が出るまでの間に生徒の方の状況等に変更があった場合は、恐れ入りますが担当まで御連絡くださいますようお願いいたします。
(参考:次の文章は募集時の案内として掲載していた情報です)
書類は次のデータをダウンロードして作成していただくことができます。上記5の募集要項等一式PDFにも同じデータが含まれています。
なお、提出期限が令和2年6月15日月曜日へ再度延期になっておりますが、応募要件や申請に必要な様式及び添付書類などの募集内容に変更はありません。

  • 申請にあたり高等学校に作成いただく様式データ

(入力用)奨学生推薦調書(様式②)(ワード:22KB)
(印刷して使用)奨学生推薦調書(様式②)(PDF:129KB)

  • 様式記入例、募集要項等

推薦調書記入例(別紙2-①)、依頼事項・注意事項:高等学校の方へ(別紙2-②)※提出期限延期(PDF:1,723KB)
【提出期限延期版】令和2年度横浜市高等学校奨学生募集要項(PDF:3,515KB)

  • 補足
    • 様式データの(入力用)ワードデータと(印刷して使用)PDFデータの内容は同じです。
    • 横浜市が所管する学校が使用するセキュアブラウザでは、(入力用)奨学生推薦調書(様式②)がダウンロード表示画面で下が切れているように見えることがありますが、セキュアメールやファイル転送等で取得したワードデータは1ページに収まります。印刷して手書きで記入いただく場合は(印刷して使用)奨学生推薦調書(様式②)を使用してください。
  • 提出書類について
    • 審査の効率化のため書類は申請者別に揃え束ねての提出を依頼しておりますが、申請者が様式①~③以外の生計を同じくする家族等の収入や特別控除に関する書類について封緘した状態での提出を希望される場合は、申請者が封緘して提出してきた封筒を開封せずにそのまま束ねて提出いただいても結構です。その際は、封筒表面に学校名・学年・申請者名・入っている書類名が明記されているかを恐れ入りますが御確認ください。
  • 提出期限の延期に伴う書類提出先所在地の変更について

横浜市教育委員会事務局学校支援・地域連携課は令和2年5月7日木曜日から新しい住所になりました。
今後、書類の提出は次の住所にお願いします。
〒231-0005
横浜市中区本町6丁目50番地の10
横浜市教育委員会事務局学校支援・地域連携課(奨学金担当)

令和2年度に新高校1年生となる申請者の出身中学校の方へ

出身中学校等で作成いただく書類(様式③)の作成について、御協力をいただき誠にありがとうございました。
(参考:次の文章は募集時の案内として掲載していた情報です)
横浜市高等学校奨学生の申請者が令和2年度新入学生の場合、出身中学校等で作成いただく書類(様式③)があります。
書類は次のデータをダウンロードして作成していただくことができます。上記5の募集要項等一式PDFにも同じデータが含まれています。
なお、提出期限が令和2年6月15日月曜日へ再度延期となりましたが、応募要件や申請に必要な様式及び添付書類などの募集内容に変更はありません。

  • 新高校1年生の出身中学校等に作成いただく様式データ

(入力用)奨学生推薦証明書(様式③)(ワード:18KB)
(印刷して使用)奨学生推薦証明書(様式③)(PDF:194KB)

  • 参考資料

奨学生推薦証明書(様式③)について:新1年生の申請者の方へ(別紙1-②)(PDF:1,394KB)
【提出期限延期版】令和2年度横浜市高等学校奨学生募集要項(PDF:3,515KB)

  • 補足
    • 様式データの(入力用)ワードデータと(印刷して使用)PDFデータの内容は同じです。
    • 横浜市が所管する学校が使用するセキュアブラウザでは、(入力用)奨学生推薦証明書(様式③)がダウンロード表示画面で下が切れているように見えることがありますが、セキュアメールやファイル転送等で取得したワードデータは1ページに収まります。印刷して手書きで記入いただく場合は(印刷して使用)奨学生推薦証明書(様式③)を使用してください。

(参考)その他の支援制度を行っている組織のホームページへのリンク

次の制度については各所管部署にお問い合わせください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

教育委員会事務局学校教育企画部学校支援・地域連携課

電話:045-671-3474

電話:045-671-3474

ファクス:045-681-1414

メールアドレス:ky-gakkoushien@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:258-055-720

先頭に戻る