このページの先頭です

新型コロナウイルス感染症を受けた給付認定の取扱いについて(令和3年度)

最終更新日 2021年8月16日

育児休業からの復職時期について【すでに在園している(利用内定した)方】

育児休業中の方については、保育所等の利用が決定した場合、原則「利用開始月内に育児休業を終了すること」をお願いしています。
(例えば、開始日が4月1日の場合は、4月30日までに育児休業を終了する必要があります。)

今般の新型コロナウイルスの感染やワクチン接種の状況等を踏まえ、「令和3年9月30日まで」としていた
育児休業の終了期限の特例的取扱いを、「令和4年3月31日まで」に延長します。
就労先と調整の上、令和4年3月31日までに育児休業を終了される場合は、保育所等の退園を求めません。


※この特例的取扱いは、新型コロナウイルスを取り巻く状況を踏まえた時限的措置であり、令和4年度については行わない予定です。


実際に育児休業から復職された場合は、復職証明書または就労(予定)証明書を区役所にご提出ください。
 ≪提出先≫
 ・市内保育所等・市内幼稚園等にお通いの⽅:園のある区の区役所こども家庭⽀援課
 ・認可外保育施設等・市外保育所等・市外幼稚園等にお通いの⽅:お住まいの区の区役所こども家庭⽀援課

備考

①上記の取扱いは就労内定の方も同様です。
 ※就労内定の方は、令和4年3月31日までに就労を開始してください。
②上記の取扱いとした場合でも、保育所等の利用開始日に変更はありません。(利用料についても発生します。)
③この取扱いは、横浜市から育児休業の延長を要請するものではありません。

このページへのお問合せ

こども青少年局子育て支援部保育・教育認定課

電話:045-671-0253

電話:045-671-0253

ファクス:045-550-3942

メールアドレス:kd-hknintei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:983-154-837

先頭に戻る