このページの先頭です

ひきこもり支援課相談窓口(ご本人・ご家族の利用)

おおむね40歳以上のひきこもり状態にあるご本人やそのご家族などの不安や悩みをお聞きし、支援を行っています。

最終更新日 2024年1月23日

ひきこもりは誰にでも起こりうることで、特別なことではありません。

ひきこもり支援課相談窓口では、次の相談をお受けしています。

ひきこもりの状態にあるご本人やそのご家族等からの相談

支援機関からの相談

※支援機関の方は「ひきこもり支援課相談窓口(支援機関向け)」をご覧ください。

ご本人・ご家族等の利用について

誰が利用できるの?

横浜市内在住でおおむね40歳以上のひきこもり状態にあるご本人やそのご家族などがご利用いただけます。

※青少年(おおむね15歳から39歳まで)やそのご家族が抱えているひきこもりや不登校などのさまざまな問題については、「青少年相談センター」において、電話相談や来所相談、グループ活動などを通じ、社会参加に向けた継続的な支援を行っています。

どのように利用するの?

「電話相談」「面接相談」の2つの利用方法があります。

  • 利用は無料です。
  • お聞きした内容については、秘密を厳守します。
  • 匿名で利用することができます。

電話相談

ひきこもり相談専用ダイヤル:045-752-8400
月~金曜9:00~12:00/13:00~17:00(祝日、年末年始を除く)

面接相談

原則、予約制です。
まずは、ひきこもり相談専用ダイヤルにお電話ください。
電話が苦手な方は、申込フォーム(横浜市電子申請・届出システム)(外部サイト)による来所相談の予約申込も可能です。
※この申込フォームでは、具体的なお困りごとの相談を伺うことはできません。
(注意)

  • 翌営業日までに、受付完了メールを、入力されたメールアドレス宛に返信します。迷惑メール対策をされている場合は、返信メールが受信できるよう設定をご確認ください。
  • 受付完了メールが届かない場合は、アドレスの入力に誤りがないかご確認の上、再度申込フォームから申し込んでください。
  • 来所候補日のご連絡には1週間程度お時間を要しますので、相談をお急ぎの方は、ひきこもり相談専用ダイヤルにお電話ください。

アクセス

〒240-0001 横浜市保土ケ谷区川辺町5-10西部児童相談所複合棟4階

最寄りの交通機関

来所の際は公共交通機関をご利用ください。

電車でお越しの方
  • 相鉄本線「星川駅」下車徒歩2分
バスでお越しの方
  • 市営バス62、92、119、201、202系統「峯小学校前」下車徒歩3分
  • 神奈川中央バス1119、121系統「峯小学校前」下車徒歩3分
  • 相鉄バス旭10系統「峯小学校前」下車徒歩3分

相鉄本線・星川駅からの徒歩ルート

改札正面の階段・エスカレーターを下りた後、右(北方面)に進みます。

橋を渡り、突き当りを右に進みます。(横断歩道は渡りません)

そのまま進むと右手奥に当館が見えます。

建物4階が「ひきこもり支援課相談窓口」です。

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

健康福祉局生活福祉部ひきこもり支援課

電話:045-752-8463

電話:045-752-8463

ファクス:045-664-0403

メールアドレス:kf-hkshien@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:273-714-961

先頭に戻る