このページの先頭です

自立支援医療(育成医療)の給付

最終更新日 2019年8月16日

自立支援医療(育成医療)の給付

指定医療機関において身体の障害を軽くしたり、回復させたりする治療を行う場合に、医療の給付(治療用装具以外は現物給付)が受けられます。
自己負担は原則1割です。(ただし、所得に応じて月額の自己負担額に上限が設けられます。)
なお、一定所得以上(住宅借入金等特別税額控除前の市民税所得割額が23万5千円以上)の世帯(同一保険)に属する方で「重度かつ継続」に該当しない場合には、公費負担の対象外となります。
※原則として事前申請が必要です。
[Excel]自立支援医療(更生・育成)指定医療機関(エクセル:546KB)
【対象者】18歳未満で肢体不自由、視覚障害、聴覚障害、音声・言語機能障害、心臓機能障害(手術を伴う場合)、腎臓機能障害、肝臓機能障害(手術を伴う場合)、その他の先天性内臓障害(手術を伴う場合)、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害があり、手術等により確実な治療効果が期待できる方。
【必要なもの】窓口へお問い合わせください。
【窓口】各区福祉保健センター

このページへのお問合せ

健康福祉局障害福祉部障害企画課

電話:045-671-2415

電話:045-671-2415

ファクス:045-671-3566

メールアドレス:kf-syokikaku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:323-713-234

先頭に戻る