このページの先頭です

発達障害

最終更新日 2019年3月7日


発達障害とは、脳機能の障害であって、通常は低年齢において症状が発現する障害です。
大人の方でも同様の障害がある方がいます。また、発達障害は重複することが特に多いという特徴があります。

○主な発達障害の例
・自閉症
・アスペルガー症候群等の広汎性発達障害(PDD)
・学習障害(LD)
・注意欠陥多動性障害(ADHD) など

○主な特徴
・こだわりが強く、突発的な出来事や予定の変更への対応が苦手な人もいます。
・時間の感覚がわかりにくかったり、不快と感じる音を聞き流せない人もいます。
・相手の話が理解できない、思っていることをうまく伝えられない人もいます。
・読み書きや計算が苦手な人もいます。
・興味のあるものをすぐに触ったり、手に取ったりせずにはいられない人もいます。
・多動で、歩き回ったり、そわそわして休みなく動いている人もいます。

このページへのお問合せ

健康福祉局地域福祉保健部福祉保健課

電話:045-671-4044

電話:045-671-4044

ファクス:045-664-3622

メールアドレス:kf-fukushihoken@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:736-215-791

先頭に戻る