このページの先頭です

都筑消防署からのお知らせ・イベント情報

最終更新日 2019年9月26日

情報一覧

風水害発生時における危険物保安上の留意事項について

 令和元年8月下旬、九州北部を中心に局地的に猛烈な雨が降り、河川氾濫の影響で佐賀県内の事業所から大量の油が流出し、周辺地域に滞留するという事故が発生しました。
 また、平成30年7月豪雨や同年の台風21号等の大雨や強風などでは、ガソリンスタンドや危険物倉庫等の危険物施設で多数の被害が発生し、火災や油の流出、破損等の事故が発生しています。
万が一に備え、日頃から危険物施設における風水害対策の準備をお願いします。

2019年度都筑区家庭防災員研修日程及び会場案内図について

毎年、都筑区内の各自治会・町内会から多くの方が研修受講者として推薦され、昨年度は100名以上
の方が研修を受講しています。
災害から身を守る知識や技術を学ぶことができます。
都筑区家庭防災員研修では

  • 防火地震研修
  • 風水害・DIG研修
  • 救急研修

の3つの研修を受講します。

研修日程及び研修会場案内図

家庭防災員自主活動補助金申請用紙

ケガの予防対策と横浜市救急相談センター♯7119について

近年、救急隊による傷病者の搬送が増加しており、中でもケガによるものは、他の原因に比べて
増加率が高い事がわかりました。
その危険性を事前に知ることでケガを予防しましょう。

急な病気やケガで受診の相談をしたいときは、「♯7119」におかけください。
受信できる病院・診療所を知りたいときは電話機の受話機の【1】を選択
病院や診療所へ行くか、救急車を呼ぶか迷ったときは電話機の【2】を選択
詳しい内容は下記のPDF、動画をご覧ください。

横浜市救急医療相談センター(♯7119)紹介動画

そのほかにも該当する病気やケガの症状を選択することで、緊急度や病院受診の必要性を判断できるサービスとして
「横浜市救急受診ガイド」を御紹介しています。

「傷病者の管理法」や「遺物の除去(食物などの異物が口に詰まった場合の処置)」等を
御紹介しています。

2019年度全国統一防火標語

「ひとつずつ いいね!で確認 火の用心」

2019年都筑区防火・防災カレンダー

第25回都筑区子ども展の防火ポスターの部入選作品を、防災啓発のため
カレンダーとして活用させていただきます。

防火・防災カレンダーの画像
2019年都筑区防火・防災カレンダー

横浜市防災情報Eメールで防災情報を!!

災害への備えは、正確な情報をいち早く知ることが大切です。
横浜市防災情報Eメールでは、河川の水位情報や雨量情報など、身近に迫っている緊急情報を
リアルタイムにお知らせします。
あなたの御家族の安全を守るために、ぜひご登録ください。
「配信される情報」

  • 横浜市からの緊急なお知らせ
  • 天気予報、熱中症注意情報
  • 気象警報・注意報
  • 震度情報・津波警報・注意報
  • 竜巻注意情報等

御利用方法や配信情報詳細は、横浜市危機管理室のホームページをご確認ください。

高齢者のご自宅へ消防職員が(防災)訪問します【申込制】

高齢者の火災被害を防ぐため、消防職員が高齢者宅を訪問し、火災予防のアドバイスなどを行います。
訪問をご希望の場合は、お気軽にお申し込みください。
【対象】
都筑区内高齢者世帯(65歳以上の人で構成する世帯)
【訪問時間】
平日午前10時から午後4時、1件あたり10分から15分程度
【実施内容】

  • 玄関先で、火災予防のポイントをお話しします。
  • ご希望がある場合は、コンロなどの調理器具、ストーブなどの暖房器具、喫煙の状況などを確認後火災予防のアドバイスを行います。
  • 訪問する消防職員は、必ず制服を着用し、職員証を携帯します。
  • 自治会町内会と連携した訪問などのご希望がある場合は、都筑消防署予防課へご相談ください。

【申込方法】

  • ご本人、又はご本人からの同意がある場合は担当のケアマネージャー又は民生委員からの申し込みが可能です。
  • 平日午前8時45分から午後5時までに、都筑消防署予防課予防係まで、御来署またはお電話にて、お申し込みください。
  • 安心して(防災)訪問を受けていただくため、できる限りご訪問当日は、ケアマネージャー又は民生委員との同行ができるようご配慮ください。

「住宅用火災警報器」の設置はお済でしょうか?取付け支援があります【申込制】

「住宅用火災警報器」相談窓口のご案内

都筑消防署と都筑区内の各消防出張所(川和・佐江戸(さえど)・仲町台・北山田(きたやまた))に「住宅用火災警報器」の相談窓口を設置しています。
お気軽にご相談ください。

「住宅用火災警報器」取付け支援のご案内」

「住宅用火災警報器を購入したけれど、取付けができない」とお困りの高齢者世帯などを対象に、取付けをお手伝いします。

【支援内容】:申込者がお持ちの住宅用火災警報器の取付けを消防職員が行います。
(ご注意):取付ける住宅用火災警報器・取付け金具・部材等は申込者がご用意ください。
【対象世帯】:取付け作業を実施する事が困難な高齢者や障がい者世帯の内、取付け支援を希望される世帯が対象です。
【募集期間】:随時
【受付時間】:平日午前8時45分から午後5時まで
【お申込み】:消防署・消防出張所に設置する住宅用火災警報器相談窓口へお越しいただくか、お電話またはファックスでお申し込みください
(ご注意)ファックスでお申し込みの方は、「FAX送信用受付票(PDF)」にて、御送信ください。        

【お申込み及びお問い合わせ】
【都筑消防署】電話:045-945-0119 ファックス:045-945-0119 住所:都筑区茅ケ崎中央32番1号
【川和消防出張所】電話:045-931-0119 ファックス:045-931-0119 住所:都筑区川和町1221番地
佐江戸(さえど)消防出張所】電話:045-936-0119 ファックス:045-936-0119 住所:都筑区佐江戸(さえど)町366番地4
【仲町台消防出張所】電話:045-943-0119 ファックス:045-943-0119 住所:都筑区仲町台五丁目1番46号
北山田(きたやまた)消防出張所】電話:045-591-0119 ファックス:045-591-0119 住所:都筑区北山田(きたやまた)1丁目1番66号

点検していますか?「住宅用火災警報器」

住宅用火災警報器は、設置した後の「点検」も重要です。
定期的(年に1回から2回)に点検を実施しましょう。
【点検の仕方】

  • 住宅用火災警報器本体の「警報停止(テスト)ボタン」を押す。または「引き紐」がついているタイプのものは、引き紐を引っ張る。
  • 火災発生をお知らせする音声が流れる又は「ピー」という警報音が作動するかを確認してください。(点検時のテストによる警報音等はすぐに止まります。)

火災発生をお知らせする音声又は警報音が作動しない場合

  • 住宅用火災警報器本体が正しく取り付けられているか「取扱説明書」等で確認してください。
  • 異常がある場合は、お買い上げの販売店や販売メーカーのお客様相談室などにご相談ください。

住宅用火災警報器は、古くなると電子部品の寿命や電池切れなどで火災を感知しなくなることがあるため、設置後10年を目安に取り替えましょう。
【お手入れも大切です】
住宅用火災警報器にホコリや汚れが付くと正常時火災を感知できなくなることがあります。
布(水又は家庭用中性洗剤を使用し、良く絞ったもの)で定期的に清掃をしましょう。

住宅用火災警報器の画像
【参考】テスト(警報停止ボタン)・引き紐の場所

未就学児童の消防署見学について

都筑消防署本署及び(川和・佐江戸(さえど)・仲町台・北山田(きたやまた))の各消防出張所では、子どもたちが安心して消防車を見学できます。
幼年期の子どもたちからも親しまれる消防署を目指します。
【見学ができる日】
毎月第4水曜日 午前10時から午前11まで
(ただし、休日又は消防署に特別な行事がある時は、変更をお願いする場合があります。)
なお、この時間帯以外に見学希望の場合はご相談ください。
また、個人等少人数での見学は随時受け付けておりますので、お気軽に声をかけてください。
ただし、災害対応や業務の都合でお断りする場合もありますので、その際はご了承ください。
【お問い合わせ】都筑消防署予防課予防係 電話:045-945-0119

消防署見学する児童の画像
未就学児の消防署見学の様子

「住宅防火」に取り組みましょう!!

火災原因として最も多いものは「放火(疑いを含む)」となっています。
自宅の周りに燃えやすい物を放置しないようにするとともに、お住いの住宅から火災を起こさないために
もう一度火の元を確認し、住宅防火に取り組みましょう!!

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

消防局都筑消防署

電話:045-945-0119

電話:045-945-0119

ファクス:045-945-0119

メールアドレス:sy-tsuzuki@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:596-178-348

先頭に戻る