ここから本文です。

スクールカウンセラー活用事業

横浜市では、小学校、中学校、義務教育学校、高等学校の全校と特別支援学校の一部にスクールカウンセラーを配置し、週1日程度、各学校にてスクールカウンセラーによる教育相談を行っています。

最終更新日 2024年6月7日

スクールカウンセラー活用事業

スクールカウンセラーとは


子どもへ声をかけるスクールカウンセラーの様子

スクールカウンセラーは、臨床心理士や公認心理師などの心理の専門的な知識を持ち、学校生活を支える心の専門家です。
現在、市内の小・中・義務教育学校、高等学校、特別支援学校で、約150名のスクールカウンセラーが活躍しています。

スクールカウンセラーの仕事内容


教職員と打合せをするスクールカウンセラーの様子

スクールカウンセラーは、児童・生徒や保護者に対する相談や助言(心理的支援)を行っています。
また、教職員への助言や、各学校の実情に応じた課題に対する校内研修、ケース会議等における心理の専門職としての参加等を行うことで、いじめ、暴力など様々な課題の未然防止や、早期発見・早期対応、また不登校児童生徒への適切な支援につなげています。

横浜市立学校におけるスクールカウンセラーの特徴

  • 全校に児童支援専任教諭(小学校)、生徒指導専任教諭(中学校)がいることで、校内の情報共有をスムーズに行っています。
  • 中学校と同一学区の小学校に同じカウンセラーを配置する「小中一貫型カウンセラー配置」を行っています。小学校入学から中学校卒業まで、児童生徒を継続的に支援しています。
  • 18区ごとに、区内のスクールカウンセラーが集まる研修の機会が年3回あります。また、すべてのスクールカウンセラーが集まり研修を行う連絡会も年5回程度あります。
  • 「カウンセラー統括」によるスーパーバイズが受けられるなど、スクールカウンセラーへのサポート体制が充実しています。

※本ページの写真はイメージです。

スクールカウンセラーの採用募集

令和6年度の採用募集

会計年度任用職員(スクールカウンセラー業務)募集案内(令和6年9月1日採用)スマートフォン用

このページへのお問合せ

教育委員会事務局人権健康教育部人権教育・児童生徒課

電話:045-671-3724

電話:045-671-3724

ファクス:045-671-1215

メールアドレス:ky-jinkenjidoseito@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:333-476-298

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube
  • SmartNews