このページの先頭です

象の鼻地区 再整備について

最終更新日 2020年8月14日

再整備計画 | 再整備イメージ | パーク整備図 | 施工状況 |
歴史的港の遺構 | 水域利用計画 | 船舶等放置等禁止区域の指定

整備イメージ
《整備イメージ》


横浜港発祥の地「象の鼻地区」は、開港150周年記念事業の「横浜の新たな顔づくり、・まちづくり推進プロジェクト」の中で、象徴的な事業として位置付けました。横浜ならではの歴史的資産を活かした空間を演出し、新たな港の顔、市民の憩いの場、交流の場として整備を行うことを目的としています。



基本的な考え方
時間の重なり空間の広がり人間の繋がり
☆横浜港発祥の地の歴史性を象徴
・港横浜の街の成り立ちの原点である
・「蓄積する時間」の重みが持つ魅力
☆旧いものと新しいものとが対比的に存在
・象の鼻防波堤、赤レンガ倉庫、大さん橋国際客船ターミナル等
☆ウォーターフロントの軸と開港シンボル軸の交差点
・みなとみらい21地区~赤レンガ倉庫~山下公園
・日本大通り~大さん橋国際客船
ターミナル
☆水辺・港に近接する希少な空間
・象の鼻防波堤や護岸に囲まれた内水面
☆多様な交流を促す異国へのチャンネル
・横浜港を彩った人々の往来
☆横浜の新時代を拓く文化・芸術活動の発信
・国際的な観光交流拠点
・横浜都心部で展開する「創造都市・横浜」形成

矢印
基本理念 『時の港』 ~横浜の歴史と未来をつなぐ象徴的な空間~

【パーク整備経緯】

パーク整備経緯の年表


*象の鼻パーク内での撮影、イベントの実施に関することについては、横浜赤レンガ倉庫共同事業体(226-1910)へお問い合わせください。

このページへのお問合せ

港湾局みなと賑わい振興部賑わい振興課

電話:045-671-2888

電話:045-671-2888

ファクス:045-651-7996

メールアドレス:kw-nigiwaishinko@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:997-152-220

先頭に戻る