このページの先頭です

神奈川区の歴史年表

最終更新日 2021年3月12日

歴史年表
西暦和暦できごと
1266文永3

かながわの地名所見。北条時宗下文に「神奈河」とある。

1510永正7権現山の合戦
1601慶長6

東海道宿駅伝馬の制が定められる。神奈川宿設置

1604慶長9東海道を整備して一里塚を置く
1622元和8

御殿町に神奈川御殿が造営されたという(神奈川青木町年鑑)

1655明暦元

神奈川御殿破却されたという(神奈川青木町年鑑)

1667寛文7吉田新田埋立なる
1703元禄16元禄地震
1707宝永4富士山噴火、宝永山できる。武蔵・相模被害大
1786天明6神奈川宿大火、300軒焼失
1802享和2十辺舎一九の「東海道中膝栗毛」初編刊
1803享和3

幕府、五街道分間延絵図御用のため、宿村の村明細帳を差し出させる

1806文化3五街道分間延絵図完成
1824文政7「金川砂子」刊
1831天保2

神奈川宿大火、荒宿町より出火。青木町へおよぶ。1200軒余焼失

1832天保3葛飾北斎「富嶽三十六景」刊
1833天保4安藤広重「東海道五十三次」刊
1836天保7「江戸名所図会」刊
1843天保14「東海道宿村大概帳」刊
1853嘉永6ペリー浦賀に来航
1854安政元

幕府、ペリーと日米和親条約(神奈川条約)を締結

1855安政2安政大地震
1856安政3米総領事ハリス下田に着任
1857安政4幕府、松山藩に神奈川の警備を命ず
1858安政5幕府、神奈川でハリスと日米修好通商条約を締結
1859安政6

英駐日総領事オールコック着任

  神奈川・長崎・函館を開港
  神奈川-洲干間の通船開始
  神奈川台場着工
  米国長老教会宣教医ヘボン夫婦、神奈川に来航
  

米国改革派教会宣教師ブラウン、同宣教医シモンズ、神奈川に来航

  関門7か所、番所10か所を設置
1860万延元神奈川台場完成
1862文久2生麦事件
1868慶応4

神奈川宿大火、西ノ町より出火。生麦村へおよぶ。

 明治元

9月8日 明治と改元
神奈川県設置

1869明治2

東京-横浜間に電信開通

1870明治3本陣・脇本陣の名目を廃す。
  神奈川陸橋(初代青木橋)完成
1871明治4高島嘉右衛門、高島町埋立完成
  関門・番所を廃止
1872明治5新橋-横浜間鉄道開業
1873明治6高札を撤廃
1879明治12青木町大火、220軒焼失
1889明治22横浜市誕生
1901明治34神奈川町が市に合併
1904明治37

横浜電気鉄道、神奈川-大江橋間開業(市電のはじめ)

1905明治38

京浜電気鉄道、品川-神奈川間(後の京浜急行)

1908明治41

横浜鉄道、東神奈川-八王子間開通(後のJR横浜線)

1923大正12関東大震災
1926大正15

東京横浜鉄道、丸子多摩川-神奈川間開通(後の東急東横線)

  京浜第一国道完成
1927昭和2神奈川区制施行
1928昭和3東急東横線、渋谷-横浜間開通
1929昭和4上無川埋め立てられる。
1930昭和5上台橋造られる。
  神奈川公園開園
1931昭和6横浜市中央卸売市場、山内町に開設
1945昭和20

横浜大空襲

  第二次世界大戦終わる。
1947昭和22現JR横浜線 大口駅開業
1949昭和24横浜貿易博覧会が反町で開催される。
  区役所庁舎青木町に落成
1950昭和25市庁舎が横浜貿易博覧会跡地(反町)に移転
1955昭和30第10回国民体育大会
1956昭和31横浜市が政令指定都市となる。
1959昭和34

現市庁舎(中区港町)が完成

1963昭和38市庁舎跡地に反町公園開園
1964昭和39

区総合庁舎広代太田町に落成

  三ツ沢公園球技場完成
  東京オリンピック開催
1965昭和40第三京浜開通
1967昭和42

神奈川区青少年図書館開館(現幸ケ谷コミュニティハウス)

1969昭和44区内の市電廃止
1970昭和45平沼記念体育館開館
1972昭和47区内のトロリーバス廃止
1974昭和49第一回区民会議開催
1975昭和50第一回区民のつどい開催
1976昭和51第一回区民まつり開催
  神奈川音頭制定・発表
1978昭和53神奈川公会堂開館
1979昭和54東海道貨物線 鶴見-横浜羽沢-戸塚開通
1981昭和56神大寺地区センター開館
  区のシンボルマーク制定
1983昭和58豊顕寺市民の森開園
  区マスコットマーク制定
1984昭和59沢渡中央公園開園
1985昭和60市営地下鉄、横浜-新横浜間開通
1986昭和61神奈川地区センター開館
1987昭和62神奈川図書館開館
  うらしま荘開館
1988昭和63三ツ沢せせらぎ緑道整備完了
1989平成元横浜博覧会開催
  区の木(こぶし)、区の花(チューリップ)制定
1990平成2区役所別館しゅん工
1991平成3第一回神奈川区チューリップまつり開催
  神大寺中央公園こどもログハウス開館
  区役所本館再整備しゅん工
1992平成4神奈川区文化協会設立
  浦島丘中学校コミュニティハウス開館
  反町在宅支援サービスセンター開館(現反町地域ケアプラザ)
  神之木地区センター開館(現神之木地域ケアプラザ併設)
1993平成5神奈川区イメージソング「早春花」選定・発表
1994平成6神奈川スポーツセンター開館
  ポートサイド地区第二種市街地再開発しゅん工
  六角橋中学校コミュニティハウス開館
  市立小・中学校(22校)を地域防災拠点に指定
  区内全域で缶・びん分別収集開始
1996平成8「ふれあい訪問」開始
1997平成9生涯学習支援センター開設
  「神奈川区防災計画(震災対策編)」策定
  入江川せせらぎ緑道整備完了
  こども・家庭支援センター開設
1999平成11はーと友 神奈川・若草開設
  幸ケ谷公園コミュニティハウス開館
  菅田地域ケアプラザ開館
  菅田地区センター開館
2000平成12片倉三枚地域ケアプラザ開館
  新子安駅西地区第一種市街地再開発事業しゅん工
2001平成13新子安地域ケアプラザ開館
2002平成14福祉保健センター開設
  東神奈川駅東口第一種市街地再開発事業しゅん工
2003平成15かなっくシティ東部療育ビルしゅん工
  横浜市都市計画マスタープラン神奈川区プラン「神奈川区まちづくりプラン」策定
2004平成16みなとみらい線開通
  白幡地区センター開館
  かなっくホール開館
  区民活動支援センター開設
2005平成17神奈川区地域福祉保健計画策定
2006平成18わが町かながわ50選選定
  沢渡三ツ沢地域ケアプラザ開館
2007平成19かながわ地域活動ホーム ほのぼの開館
  地域子育て支援拠点”かなーちえ”開館
2008平成20臨港幹線道路開通
2009平成21「わが町 かながわ とっておき」選定
2010平成22反町駅前ふれあいサロンオープン
2011平成23東横フラワー緑道全線開通
  横浜市動物愛護センター開館
2015平成27横浜市環境科学研究所が磯子区から神奈川区恵比須町に移転
  横浜銀行アイスアリーナ(旧神奈川スケートリンク)開館
2016平成28かながわ支え愛プラン(第3期神奈川区地域福祉保健計画)策定
2017平成29神奈川区制90周年
2019平成31

横浜市都市計画マスタープラン神奈川区プラン
「神奈川区まちづくりプラン」改定


かながわ 地名の由来

「かながわ」の名の由来は・・・?

いくつかの説があり、本当のところはわかりませんが...。
その昔、区内を流れていた小さな流れを「上無川(かみなしがわ)」といっていました。
それは、いつも水が涸れてほんの少ししか流れていない。水源地もどこかわからないので、「上(かみ)がない川」と呼ばれていました。それがいつしか「み」「し」の二字を略して「かな川」をいうようになったという話です。
また、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東方へ赴く際、今の神奈川の海辺柚ヶ浦に船出の用意をしました。そこが「上無川(かみなしがわ)」なのでした。その時、倭姫(やまとひめ)にいただいた宝剣が金色燦然としてこの川水に映ったので、この地を金川(かながわ)と名付けました。その後時が移り、源頼朝がこの金川(かながわ)の風光を賞し、「<金>は西の方角をつかさどるというが、西方は上(かみ)にあたるし,皇城(こうじょう=都、天子のすむところ)にもあたる。これは神を大いに示す地である。」として<大いに示す>を「奈」の字にして、金川→神大示川→神奈川とすべきだといったので、その時から金川を神奈川としたという話です。
ほかにも、古文書の中に「神奈河」「狩野川」「かの川」「かな川」と記されているものがあります。

 〔参考 出典:神奈川区誌ほか〕

このページへのお問合せ

神奈川区総務部区政推進課

電話:045-411-7027

電話:045-411-7027

ファクス:045-314-8890

メールアドレス:kg-kusei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:402-148-466

先頭に戻る