このページの先頭です

子育て応援マークとは?

最終更新日 2022年6月6日

「子育て応援マーク」について

 令和元年度に泉区子育てに関するアンケート調査を実施し、近年の子育て家庭は孤立しやすい環境にあることがわかりました。子育ては周囲のサポートが必要ですが、「親戚が遠方でサポートが得られにくい」「転居したばかりで近所に知り合いがいない」と孤独に感じている子育て家庭は少なくありません。一方で、「子育て家庭に声をかけて応援したいけど、声をかけていいのかしら?」「子育てを応援している気持ちをパパ・ママに伝えたい」という地域の人の声も聞かれます。そこで、子育て家庭と地域の人がつながるきっかけになるよう「子育て応援マーク」を作りました。
 「子育て応援マーク」には以下のメッセージが込められています。
(1) 地域の人からの「子育てを応援したい」
(2) ママ・パパからの「子育てをあたたかな眼差しで見守ってほしい、子育てを応援してほしい」
 地域の方と子育て家庭の双方が「子育て応援マーク」を身に着け、出会うことで声を掛け合い、地域のつながりを増やす効果を期待しています。

「子育て応援マーク」のコンセプト

「子育て応援マーク」のコンセプト
子育て

泉区で子育てをする親子をペンギンで表現しました。ペンギンは群れで生活し、親ではないペンギンもみんなで子どもペンギンを守っています。
ペンギンの習性のように、地域ぐるみで子育てするまちを目指しています。

地域

氷にも見える白いイラストは地域の人の手を表しています。手と手を取り合う絵で、地域の人の見守りや助け合いを表現しています。

つながる

地域の人のかけはしは虹でも表現しています。地域のつながりがかけはしとなって、親子が暮らす様子を描いています。


「子育て応援マーク」の配布場所(6月20日時点)

・泉区こども家庭支援課 (泉区役所2階210番窓口)
地域子育て拠点すきっぷ(外部サイト)
子育て支援者会場(8会場)

※配布場所は拡大していく予定です。
※配布場所は変更することがあります。
※各施設で在庫がなくなった場合、泉区役所こども家庭支援課にお問い合わせください。

子育てを応援しよう~パパ・ママがうれしい地域の人からの声掛けヒント~

 地域の人がどんな声をかければパパ・ママはうれしいのでしょうか。
 「地域の人に声をかけてもらったことはありますか」という子育てアンケートで「ある」と答えた人は全体の89%(令和3年度泉区子育てに関するアンケート調査より)。声をかけてもらってうれしかったという意見がほとんどでした。パパ・ママが地域の人に声をかけてもらい、地域の人の応援を肯定的に感じているようです。

 実際のパパ・ママの意見を紹介します。

「赤ちゃんかわいいねと言われてうれしかった」
「お母さん頑張っているねと言われてうれしかった」
「子どもが泣いているとき元気だねと言われ、ほっとした」

 お店などで子どもが泣いていると、パパ・ママは焦り迷惑をないかと心細い気持ちになりますが、そんなときに地域の人のあたたかなメッセージが、パパ・ママを安心させてくれます。
 固く考えず、小さい子を連れた親子に「こんにちは」と声をかけるだけでも子育て応援活動です。
 子育て応援マークは、地域の人が子育て家庭を見守っている目印になります。知らない人に声をかけるのは難しいけれど、子育て家庭を応援したいとお気持ちがある方は、是非子育て応援マークを身に着けてください。

このページへのお問合せ

泉区福祉保健センターこども家庭支援課

電話:045-800-2447

電話:045-800-2447

ファクス:045-800-2513

メールアドレス:iz-kodomokatei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:182-611-785

先頭に戻る