このページの先頭です

海洋都市横浜

最終更新日 2021年10月1日

海洋に関する活動拠点「海洋都市横浜」

1859年の開港以来、港で世界と通じ、海とのつながりで発展してきた横浜。
海洋分野に関係する企業・教育機関・研究機関などが様々な活動を展開しています。
このような皆様とともに、海洋に関する活動の拠点「海洋都市横浜」を目指して取組を進めています。
広報よこはま平成27年10月号で「海洋都市横浜」を特集しています。

海洋都市横浜リーフレット


海洋都市横浜リーフレット(英語版)

海洋都市横浜うみ協議会

 横浜市は、「中期4か年計画」において、“「海洋都市横浜」への挑戦”として、海洋に関し、様々な分野で横断的に取り組むことを位置付けました。横浜は「海洋」に関する多くの企業・大学・研究機関・官公庁が立地する特徴があります。この特徴を生かして、教育・研究・産業など様々な活動の拠点となり、海の可能性を身近に感じることができる「海洋都市横浜」の実現を目指しています。

 平成27年9月28日、産官学がこれまで以上に連携して海洋に関する取組を展開できるよう、「海洋都市横浜うみ協議会」を設立しました。
 この協議会を中心に、横浜から海洋に関する活動や情報発信を進めています。
平成27年9月25日 記者発表資料

海洋都市横浜うみ協議会規約(PDF:148KB)

「学生海洋ビジネスアイデアコンテスト」アイデア募集開始!

海洋産業の振興等に向け取組を推進している神戸市、静岡市とともに、学生を対象とした「学生海洋ビジネスアイデアコンテスト」を実施することとなりました。
3市の海を舞台に、それぞれの海が持つ課題等を解決し、また、ビジネスへの発展に繋がることが期待される取組のアイデアを募集します。是非ご応募ください。
https://www.city.kobe.lg.jp/a05822/ocean/ideacontest2021.html(外部サイト)
 

海洋都市横浜バーチャルうみ博2021を開催しました。


海洋都市横浜バーチャルうみ博2021 公式Webサイト https://umihaku.jp(外部サイト)


会期中、たくさんの皆様にご参加いただきまして、誠にありがとうございました!
キーワードラリーは終了となりますが、バーチャル展示は、引き続き、公開しております!
海で活躍する船や生き物、環境など、海を楽しく学べるコンテンツをお楽しみください!
(※一部、終了するコンテンツがございます。)

海に関する仕事紹介セミナー in 海洋都市横浜を開催しました。

http://yokohama-umi.jp/seminar/(外部サイト)

 令和3年2月19日(金曜日)にウェブ上にて、「海に関する仕事紹介セミナー in 海洋都市横浜」を開催しました。
本セミナーでは、大学生・大学院生を対象に、海洋分野の企業・団体について紹介し、海洋分野の職業を知っていたただくことを目的として開催しており、今年も多くの学生に参加いただきました。本セミナーの開催については、こちらで告知も行いますので、ご興味のある方はぜひご確認ください。

海と産業革新コンベンション(うみコン2021)を開催しました。

                                
 

  https://www.umi-con.com/(外部サイト)

 海洋産業の振興・活性化を目的とした「海と産業革新コンベンション」を令和3年2月25日(木曜日)に開催しました。
4回目の開催となる今回は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、初めてオンライン上で行いましたが、
例年同様シンポジウムをはじめ、各出展者が研究成果や技術開発を紹介したパネルを展示し、多くの方に閲覧いただきました。

本セミナーの開催については、こちらで告知も行いますので、ご興味のある方はぜひご確認ください。



協議会メンバーによるイベントのお知らせ

令和元年度

横浜市立大学
12月3日横浜市立大学より「ムール貝からギラン・バレー症候群関連糖鎖と結合する新種のレクチンを発見」と題して記者発表が行われました。

 横浜市立大学大学院生命ナノシステム科学研究科 大関泰裕教授とイムティアジ・ハサン(大学院生)、同大学院生命医科学研究科 ジェレミー・テイム教授、鎌田健一(大学院生)、長崎国際大学大学院薬学研究科 藤井祐樹講師、藤田英明教授らは、イタリアのトリエステ大学 生命科学部 マルコ・ジェルドル博士らと国際共同研究を行い、日本各地の海で採れるムール貝の一種ムラサキインコガイから、抗腫瘍細胞活性を持つレクチン「セヴィル」を見つけ、その構造と性質を明らかにしました。

過去のお知らせ

令和3年度

2021年9月21日 「学生海洋ビジネスアイデアコンテスト」アイデア募集開始!
2021年7月14日 「海洋都市横浜バーチャルうみ博2021」開催!

令和2年度

2021年2月1日 うみコン2021「海と産業革新コンベンション」事前登録開始!
2020年7月21日 「海洋都市横浜バーチャルうみ博2020」開催!

令和元年度

2019年11月28日 うみコン2020「海と産業革新コンベンション」事前登録開始!
2019年5月31日 海の魅力を発信!「海洋都市横浜うみ博2019」開催!

平成30年度

2019年2月1日 海洋分野の研究×ビジネスの最前線!横浜発!「海と産業革命コンベンション(うみコン2019)」開催
2018年12月3日 ~「海洋都市横浜」を目指し、企業・研究機関・大学等の対話と交流を拡大!~うみコン2019「海と産業革新コンベンション」事前登録開始!
2018年11月8日 国の制度及び予算に関する提案・要望について(大都市制度推進課)
 横浜市から海洋政策の推進について国への提案・要望を行いました。
2018年6月1日 海の魅力を発信!「海洋都市横浜うみ博2018」開催!(PDF:3,875KB)

平成29年度

2017年6月7日 ~~海の魅力が満載 4隻の船が共演~~ 「海洋都市横浜うみ博2017」開催!
2017年6月9日 ~「海洋都市横浜」を目指し、海洋に関する企業や大学等の交流を拡大!~ 「スコットランド企業・大学とのビジネス交流セミナーin Yokohama」を初開催します。
2017年8月7日 "「横浜うみ博」に21,000人が来場!~子どもから大人まで、海の多彩な魅力を体感~"
2017年9月14日 国立研究開発法人 海洋研究開発機構(JAMSTEC)と横浜市が「地域活性化に関する包括連携協定」を締結

平成28年度

2016年6月15日 ~海を知り・触れ・学び・楽しむ~ 「海洋都市横浜うみ博」初開催!
2016年7月25日 「横浜うみ博」初開催で12,000人が来場! ~「海洋都市横浜うみ協議会」が大きく船出~
2016年11月30日 “海洋都市”を目指す横浜で北太平洋海洋科学機関(PICES)2018年 年次会合が開催

平成27年度

2015年9月25日 ~「海洋都市横浜」をめざして~ 「海洋都市横浜うみ協議会」を設立します

スコットランドとの交流

海洋産業に関する交流ミーティング

 平成30年7月4日(水曜日)にスコットランド自治政府のフィオナ・ヒスロップ文化・観光・対外関係大臣が来日され、横浜市との間で共同声明を発表しました。共同声明の内容としては、4つのテーマ(文化・観光、海洋産業、スポーツ、大学間交流)を掲げ、今後交流の促進と相互協力について確認しました。
 共同声明の発表を受けて、当日の夕方、テーマの一つである「海洋産業」について、フィオナ・ヒスロップ大臣、小林副市長も列席する中、うみ協議会の企業、研究機関、大学を中心に、交流ミーティングを開催し、関係者間で積極的な交流が行われました。
 平成30年7月4日 国際局記者発表資料 スコットランド自治政府フィオナ・ヒスロップ大臣と交流協力共同声明を行いました!

スコットランド企業・大学とのビジネス交流セミナー

 北海油田開発の拠点として海洋産業が盛んなイギリス・スコットランドの企業・大学が来日することに合わせて、横浜にて「ビジネス交流セミナー」を開催しました。
日時 平成29年6月27日(火曜日) 13:30~
場所 横浜開港記念会館

 
参加スコットランド企業・大学
大学の他、電磁波探索技術、超音波可視化技術、ROVサービス、海中構造の検査やリペアー、メカパーツの設計製造などの技術を保有する企業等

(セミナー詳細はチラシをご参照ください)(PDF:299KB)
平成29年6月9日 記者発表資料 「スコットランド企業・大学とのビジネス交流セミナーin Yokohama」を初開催します。

首都圏広域地方計画 海洋文化都市圏の創出プロジェクト

  海洋文化都市圏の創出プロジェクトでは、古くから海洋とともに栄えた歴史・文化のあるエリアである東京圏南部の太平洋に面する横浜や相模湾を形成する伊豆半島に至るエリア、東京湾アクアラインによりつながる房総半島沿岸地域などが連携を図り、独自の自然、産業、観光、文化、芸術、スポーツやレジャーなどの連携を促進しているプロジェクトです。
  ここでは、ともに活動している神奈川県、静岡県、千葉県の観光情報を掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

政策局政策部政策課

電話:045-671-3206

電話:045-671-3206

ファクス:045-663-4613

メールアドレス:ss-kaiyotoshi@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:947-693-052

先頭に戻る