このページの先頭です

共創オープンフォーラム

最終更新日 2020年1月9日

民間と行政の登壇者が社会的な課題について対話し、
新たなアイデアや解決策を見出していく場として、
年に1~2回、数百人規模で実施しています。
また、横浜市の公民連携の取組を広く周知する場にもなっています。

開催のご案内 / 参加者募集

令和元年度開催

「横浜と世界のパブリックスペース活用
Tactical Urbanism Japan スピンオフ」を開催します!(PDF:530KB)

※本イベントは満席となりました。

キャンセル待ちを受け付けておりますので、ご希望の方は申込サイトからご登録ください

 横浜市では、公園や道路、港湾緑地などの公共空間を、本市の魅力を更に高めることができる重要な資源であると捉え、市民サービスの向上、地域の活性化、さらに歳出削減や収入確保も視野に、公民連携による活用の推進に取り組んできました。
現在、公共空間を活用いただく意図を持つ事業者の方に向けた「公共空間活用の手引き」の策定を進めており、手引きの完成に合わせて「横浜と世界のパブリックスペース活用」をテーマに、共創オープンフォーラムを開催します。
本市の公共空間活用に向けたビジョンをお示しし、ご登壇の皆様から公民が連携して今後どのような展開が可能かご意見を賜り、お集まりの皆様とも未来志向で共有する場にしたいと考えております。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

1 開催概要
(1) 日時 令和2年1月23日(木曜日)
  17時30分開場/18時開演(20時30分終演予定)
(2) 会場 横浜市開港記念会館 1号室(横浜市中区本町1丁目6番地)
(3) 定員 先着90名(※参加費無料)
(4) 申込み(下記サイトからお申込みください)
   https://sotonoba.place/tacticalurbanismyokohama(外部サイト)
   ※締切: 1月22日(水曜日)23時59分
(5) 主催 横浜市政策局、(一社)ソトノバ

2 開催プログラム及び登壇者
第1部(18:00~18:30)
・「公共空間活用の手引き」紹介【横浜市政策局】
・公園における公民連携の動き 【横浜市環境創造局】
・横浜のパブリックスペース活用【野原 卓 (横浜国立大学准教授)】

第2部(18:30~19:10)
・日本と世界のパブリックスペース活用
(公共空間活用の現在地 ~タクティカル・アーバニズムジャパン2019の報告等)
【泉山 塁威 (東京大学助教/(一社)ソトノバ共同代表理事)】
【中山 靖史 (独立行政法人都市再生機構 都市再生部事業企画室長)】
【Ryan Smolar(Smolarcorp President/Long Beach Fresh
 Co-director/Downtown Santa Ana Placemaker)】
[逐次通訳]田村 康一郎(Place Capital Lab./(一社)ソトノバ)

第3部(19:20~20:30)
・パネルディスカッション「公共空間活用のポテンシャル」
<パネリスト> ※五十音順
【泉山 塁威/中山 靖史/野原 卓/Ryan smolar/横浜市】[逐次通訳]田村康一郎
<ファシリテーター>
 西田 司(株式会社オンデザインパートナーズ代表取締役/東京理科大学准教授)

※タクティカルアーバニズム: 長期的変化に向けた小さなアクションを促す戦術的アプローチ
チラシ(PDF:275KB)

過去のフォーラム

令和元年度開催

  • 令和元年11月26日

「第2回 ソーシャル・インパクト・ヨコハマ2019」~こどもの健やかな成長を支援するための公民連携とデータ活用~(PDF:438KB)

  • 令和元年8月21日

「ソーシャル・インパクト・ヨコハマ2019」~子どもの居場所づくり・学習支援の取組から~(PDF:272KB)

  • 令和元年7月24日

「ラグビーワールドカップ2019™を横浜でいかに迎えるか ~チャンスをしっかり活かすために いまから準備すべきこと~」  (PDF:5,482KB)



平成30年度開催

  • 平成31年1月17日

「共創10年、その先へ・・・」(PDF:855KB)   

    平成29年度開催

    • 平成29年4月22日

    「ソーシャルインパクト・フォーラム ヨコハマ」(PDF:548KB)

    平成28年度開催

    • 平成29年1月20日

    「公共空間を、活かす。」(PDF:1,293KB)

    平成27年度開催

    • 平成28年3月24日

    「女性が輝くために、公民連携で何ができるか。」(PDF:1,069KB)

    • 平成27年11月10日

    「~実現事例から学ぶ~魅力あるヨコハマを創る公民連携の力」(PDF:722KB)

    平成26年度開催

    • 平成27年3月24日

    「ICT利活用と、公民連携による課題解決、地域活性化の可能性」(PDF:280KB)

    • 平成27年1月15日

    「市庁舎移転を契機にした、関内駅前周辺地区のまちづくり ~市庁舎跡地を核にした、公民連携による、まちの再生~」(PDF:263KB)

    • 平成26年10月29日

    「横浜デイ」in Smart City Week2014(外部サイト)

    平成25年度開催

    • 平成26年3月27日

    YOKOHAMAから発信する共創のいま ~民間と行政の出会いから生まれるイノベーション~(PDF:3,344KB)

    • 平成25年12月18日

    「今こそハマの共創力を高める!」(PDF:225KB)~対話・コミュニケーションを、企業、地域の価値向上につなげるには~

    • 平成25年10月29日

    「横浜デイ」 in Smart City Week 2013(外部サイト)

    平成24年度開催

    • 平成24年11月19日

    2012年度 第1回「次世代に継ぐ、公民連携で創る横浜郊外部のまちづくり」(PDF:1,327KB)

    • 平成24年11月 1日
    「横浜デイ」in Smart City Week 2012

    平成23年度開催

    • 平成24年3月27日

    2011年度 第3回「横浜の観光・MICEにおける公民連携の可能性」(PDF:1,754KB)

    • 平成23年10月27日

    『横浜デイ』イン Smart City Week2011

    • 平成23年9月26日

    2011年度 第2回「共に創り出す、横浜のビジネスチャンス」(PDF:1,325KB)

    • 平成23年7月19日

    2011年度 第1回「今こそ求められる公民連携の新しいかたち」(PDF:334KB)

    平成22年度開催

    • 平成22年10月25日

    2010年度 第1回「世界へ羽ばたくビジネスチャンス!公民連携で活かす横浜の技術力」(PDF:1,423KB)

    平成21年度開催

    • 平成22年 3月30日

    2009年度 第3回「「2010年度の共創ビジネスを展望する」」(PDF:1,064KB)

    • 平成21年10月21日
    2009年度 第2回「共創で見えてくる、新たなCSRの可能性」(PDF:343KB)
    • 平成21年8月24日
    2009年度 第1回「共創フロントは、新たな価値を生み出したか」(PDF:905KB)

    平成20年度開催

    • 平成21年 3月30日
    2008年度 第4回「ヨコハマから日本を、地域を元気にする!」(PDF:258KB)
    • 平成20年10月24日
    2008年度 第3回「公民連携事業の可能性と課題」(PDF:2,624KB)
    • 平成20年9月1日
    2008年度 第2回「共創・・・横浜から発信する新たな公民連携のルール」(PDF:88KB)
    • 平成20年7月3日
    2008年度 第1回「共創オープンフォーラム・ヨコハマ」(PDF:63KB)

    PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
    お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
    Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

    このページへのお問合せ

    政策局共創推進室共創推進課

    電話:045-671-4391

    電話:045-671-4391

    ファクス:045-664-3501

    メールアドレス:ss-kyoso@city.yokohama.jp

    前のページに戻る

    ページID:539-376-073

    先頭に戻る