このページの先頭です

共創オープンフォーラム

最終更新日 2019年8月6日

民間と行政の登壇者が社会的な課題について対話し、
新たなアイデアや解決策を見出していく場として、
年に1~2回、数百人規模で実施しています。
また、横浜市の公民連携の取組を広く周知する場にもなっています。

開催のご案内 / 参加者募集

令和元年度開催

8月21日、共創オープンフォーラムを開催します!
「ソーシャル・インパクト・ヨコハマ2019」
~子どもの居場所づくり・学習支援の取組から~
(PDF:272KB)


横浜市では、市民、企業、NPO、大学等の民間の皆様と行政が互いに知恵とノウハウを出し合い、限られた資源を活用しながら、社会的な課題や地域課題の解決を目指す「共創(公民連携)」の取組を進めており、公民の対話、交流の場として、「共創オープンフォーラム」を開催しています。
社会的課題の解決のための新たな公民連携手法であるソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)について、平成27年度から導入可能性の調査研究を開始し、平成28年度から社会的インパクト評価モデル事業に取り組んできました。
今回のフォーラムでは、モデル事業「おさん・ひなた塾」の中間成果を発表し、社会的インパクト評価やSIBの導入に向けて、ご参加の皆様と共に考えます。
開催概要
1 日時
令和元年8月21日(水)
14時から16時まで(13時30分開場)
2 会場
横浜情報文化センター 6階 情文ホール
(横浜市中区日本大通11番地)
3 申込み(下記サイトにて)
  https://yokohama-kyoso-openforum20190821.peatix.com/(外部サイト)
プログラム及び登壇者 
1 第一部
【資金提供者からのビデオメッセージ】
持田 昌典 氏(ゴールドマン・サックス証券株式会社 代表取締役社長)
【基調講演】
「ソーシャル・インパクト・ボンドの国内外の最新動向」
塚本 一郎 氏
(明治大学経営学部 教授/株式会社 公共経営・社会戦略研究所 代表取締役社長)
2 第二部【パネルディスカッション】
「おさん・ひなた塾における取組について」
<パネリスト(予定)>
麻崎 久美子 氏(ゴールドマン・サックス証券株式会社)
塚本 一郎 氏(株式会社 公共経営・社会戦略研究所 代表取締役社長)
濱田 靜江 氏(社会福祉法人 たすけあい ゆい 理事長)
吉川 勇 氏(社会福祉法人 たすけあい ゆい)
<ファシリテーター>
梅澤 厚也(横浜市政策局共創推進室長)

過去のフォーラム

令和元年度開催

  • 令和元年度年7月24日
「ラグビーワールドカップ2019™を横浜でいかに迎えるか ~チャンスをしっかり活かすために いまから準備すべきこと~」  (PDF:5,482KB)

平成30年度開催

    平成29年度開催

    平成28年度開催

    平成27年度開催

    平成26年度開催

    平成25年度開催

    平成24年度開催

    平成23年度開催

    平成22年度開催

    平成21年度開催

    平成20年度開催

    PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
    お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
    Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

    このページへのお問合せ

    政策局共創推進室共創推進課

    電話:045-671-4391

    電話:045-671-4391

    ファクス:045-664-3501

    メールアドレス:ss-kyoso@city.yokohama.jp

    前のページに戻る

    ページID:539-376-073

    先頭に戻る