このページの先頭です

横浜市内のアスベスト加工工場はゼロになりました

最終更新日 2020年4月1日

本市内におけるアスベスト加工工場(大気汚染防止法第18条の6に基づく特定粉じん発生施設を設置する事業所)についてのお知らせです。

平成元年6月の大気汚染防止法の改正に伴い、届出が必要となった標記アスベスト加工工場は、市内で7工場ありました。
これら7工場のうち4工場については、平成5年から平成10年までの間にアスベストの取り扱いをやめていることを確認しており、また、残り3工場も平成18年8月末までにアスベストの取り扱いをやめたことを確認しました。
これにより平成18年9月1日現在、本市においてアスベスト加工工場はなくなりました。

なお、平成18年にアスベストの取り扱いをやめた3工場について本市がそれぞれの敷地境界(4方向)で大気測定を行いましたので、測定結果を下記に掲載します。

3工場の敷地境界(各4か所)でのアスベスト濃度測定日とその結果(本/リットル)
 測定日方向1方向2方向3方向4
A社平成18年9月28日0.11未満0.11未満0.11未満0.11未満
B社平成18年10月3日0.11未満0.11未満0.11未満0.11未満
C社平成18年10月4日0.11未満0.11未満0.11未満0.11未満

※敷地境界における基準値:10(本/リットル)

A社、B社及びC社ともアスベストパッキンの打ち抜き作業のみをしていました。

<参考>

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

環境創造局環境保全部大気・音環境課

電話:045-671-3843

電話:045-671-3843

ファクス:045-550-3923

メールアドレス:ks-taiki@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:982-911-416

先頭に戻る