このページの先頭です

事業者に対する指導

最終更新日 2020年6月18日

横浜市では、「ヨコハマ3R夢プラン」の目標達成に向け、事業者に対する減量・リサイクルの指導を行っています。
「事業系ごみ版ごみと資源物の分け方」等の印刷物を配布することや、講習会などを開催することにより、減量・リサイクルの普及啓発を行っています。
特に大規模建築物の所有者等に対しては、「減量化・資源化等計画書」(エクセル:44KB)及び廃棄物・資源物処理フロー図(エクセル:27KB)の提出を求めるほか、市職員による立入調査の実施、廃棄物管理責任者の選任及び講習会の開催などを行っています。

平成15年12月1日から、本市焼却工場において、建設業などから発生する木くず、紙くず、繊維くずの受け入れを停止しました。
また、資源化可能な古紙についても、事業者自らが分別してリサイクルすることとし、焼却工場への搬入をお断りしています。
焼却工場では、不正なごみの搬入を防止するため、搬入物検査を強化して実施しており、持ち帰り指導などを行っています。

搬入物検査の様子
搬入物検査の写真

このページへのお問合せ

資源循環局事業系対策部一般廃棄物対策課

電話:045-671-3818

電話:045-671-3818

ファクス:045-663-0125

メールアドレス:sj-ippai@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:661-461-638

先頭に戻る