このページの先頭です

徘徊SOSネットワークシステム

最終更新日 2019年5月16日

認知症は、さまざまな原因によって脳の働きが衰える病気です。その症状の1つに「徘徊」があります。認知症により徘徊されている方を、旭区全体で見守り、できるだけ早く保護して、ご家族のもとへ安全にお返しするシステムです。

ご家族へ

事前登録ができます!

特徴や写真などを事前登録しておくと、ご本人がいなくなった場合、登録情報をもとに発見協力機関(バス、鉄道、タクシー会社、郵便局など)にFAXを送り、日常業務の中での発見協力を依頼することができます。また、あさひ安全・安心かわら版で配信します。
事前登録された方で、希望する方は「横浜市認知症高齢者等見守りシール事業」(PDF:870KB)に申し込むことができます。(PDFファイルアイコン

登録票・発見依頼票を印刷し、必要事項を記入の上、お近くの地域ケアプラザ、旭区福祉保健センターにてご登録ください。
なお、登録票・発見依頼票は、お近くの地域ケアプラザ、旭区福祉保健センターでも配布しています。登録時には、ご本人の写真、ご印鑑をお持ちください。

「いない」と気づいたら

警察登録先のSOSネットワーク連絡機関の2か所にご連絡ください。

警察署

旭警察署
電話:045-361-0110

SOSネットワーク連絡機関

旭区内地域ケアプラザ(外部サイト)
・旭区福祉保健センター 高齢・障害支援課
 電話045-954-6191

地域の方へ

日常生活の中で徘徊している方を発見したり、連絡を受けた場合は、警察やSOSネットワーク連絡機関へ、また、ご家族がわかる場合はご家族にご連絡をお願いします。(具体的な捜索活動を依頼するものではありません)
発見協力機関・協賛店では「認知症をみんなで支える街づくり」のシンボルマーク「ほっとちゃん」のステッカーをバスやタクシー、店先に貼っています。

旭区の認知症に関する取組のシンボルマーク
「ほっとちゃん」
旭区の認知症の取組に関するシンボルマーク「ほっとちゃん」


発見協力機関

旭区内を走っているバス、鉄道、タクシー会社などが、日常業務の中で徘徊している方を発見したり、連絡を受けた場合は家族、警察に知らせます。

協賛店

旭区内の多数の商店等に協賛店として、徘徊している方を見かけた際の声かけや警察、連絡機関への連絡など、ご協力いただいています。

※旭区では新しく発見協力機関、協賛店になっていただける事業所を随時、募集しています。発見協力機関・協賛店登録票にご記入の上、お近くの地域ケアプラザ、旭区福祉保健センターにご持参ください。ほっとちゃんステッカーをお渡しします。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

旭区高齢・障害支援課 高齢者支援担当(別館1階3番)

電話:045-954-6191

電話:045-954-6191

ファクス:045-955-2675

メールアドレス:as-koreisyogai@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:647-531-968

先頭に戻る